たった1通のLINE。

その巧拙が恋愛の勝敗を決めかねないが、恋愛マニュアル情報は巷に数多くあれど、LINEの正解を教えてくれるコンテンツはほぼ見当たらない。

男女でLINEに対する捉え方は、全く異なるようだ。

あなたが送るそのLINE、気づかぬうちに間違えていないだろうか。




Q1:LINEのQRコード交換に潜む落とし穴。そこに皆気がついてる?


香里奈は、後輩が開催したゴルフコンペで一緒になった女性の一人だった。

32歳、そろそろ身を固めた方がいいのはわかっているが、中々“この人だ!”と思えるような人がいない。

誰かいい人がいれば、何てのんびり構えていた中で、香里奈は彗星のごとく現れた。ハッキリした顔立ちに、綺麗なロングヘア。高身長で、言うことなしだ。

ラウンド中にさりげなく、でもつい色々と話しかけてしまう。

「へぇ〜敬太さんは、今ご自身でコンサル会社をされてるんですか? 」
「一応、ね。香里奈ちゃんは?モデルさんか何か? 」
「まさか(笑)丸の内でOLしてますよ。」

昼休憩のタイミングを見計らって、LINE交換を促した。

「じゃあ、僕がQRコード出すね。」

香里奈が自分のQRコードを読み取る。咄嗟に、忘れられないようにすぐに付け加えた。

「スタンプでもいいから、何か送ってもらえる?」

こういう場合、一方がQRコードを読み取っただけでは、読み取られた側は相手のLINEのIDが分からない。

また大勢と交換する時も、その場ですぐに名前かスタンプを送ってもらわないと、相手の印象には残らない 。

「じゃあ、今何か送りますね。」

香里奈から、すぐにLINEが送られてきた。




こうして、僕は香里奈の連絡先を無事に手に入れた。しかし翌日、ふと考えてしまった。

さて、なんと送ろうか、と...


こんな時こそあのキーラフレーズの出番?!女性がYESと言う枕詞


Q2:「いい店見つけたんだけど」は、女性が100%イエスと言う枕詞?


どうでも良い女性に対しては適当に送れるのに、気合が入れば入るほど真剣に悩んでしまう。

最初に、なんと送るべきか。

会話は、昨日の「香里奈です」で終わっている。まずは昨日のお礼を言いつつ、どうにか次に繋げたい。

こんな時、この枕詞を使わない手はないだろう。




普通ならば、これで終わってしまうかもしれない。でも、ここで何とか確実にクロージング(約束にこぎつけたい)ところだ。

そこで、もう一文を送る。送る前から、香里奈の返信は大体予想できた。




-ほら、こう来た。

大概、皆良い店を提示するとYESと言ってくれる。それがまだ一般的に知られていない店でも、“いい店見つけた”、というと興味を示してくれる。

こうして、香里奈とのデートの約束はあまりにも呆気なく、スムーズに取り付けることができた。

過去の経験上、この手で断られた記憶はあまりない。この言葉に、多謝する。

早速店を予約をし、デートに向かった。



『上(じょう)』はうしごろ系列の新店で、肉好きとして一度行ってみたい店だった。

カウンター席の目の前で調理する、ライブ感溢れる演出と旨い肉に、香里奈も思わず前のめりになる。




「来てみたかったから、嬉しい〜。」

上機嫌でおまかせコースを楽しむ香里奈を見て、店のチョイスは正解だったと改めて思う。

「ここ、僕も来たかったから、付き合ってくれてありがとう。新店を開拓するのが好きなんだけど、一緒に行ってくれる人募集中で。」

ストレートに次も一緒にどこかへ行かない?と聞きたかったが、ここは断られぬ方法で、香里奈を次回のデートに誘ってみる。

「私でよければ、いつでも!」

その日は1軒目で解散となったが、翌日、香里奈からこんなLINEが入っていた。




もはや手応えしか感じなかった。


初回のデートは完璧。次回以降のデートで、思わぬミスが待っていた


Q3:どうして気が変わったの?突然の既読スルーの理由が知りたい


そこから香里奈とは順調に続いていた。

2度目のデートも僕がリサーチして香里奈を誘い出し、3度目のデートまでこぎつけた。

最初に会った時、香里奈は肉が好きだと言っていた。次のデートは、ステーキにしよう。




結局この3度目のデートも大いに盛り上がり、会う度に二人の距離は縮まっていた。

そろそろプッシュしても良い時期かな?と頃合いを見計らう。次回で、そろそろ勝負を決めようか。

だから次は僕の家に近い、愛宕の店を選んだ。




『The Bar/ゼックス アタゴ グリーンヒルズ』はATAGOGREEN HILLSの最上階、180mの高さにある。あの夜景は女性ならば喜ぶはずだ。




何よりも、家から近いのでそのまま誘いやすい。

そんな妄想を一人で膨らましながら、香里奈からの返事を待った。しかし、ここで意外なことが起こる。

まさかの、既読スルーだった。

最初から既読スルーならまだ分かる。彼氏がいるとか、そもそも相手にならなかったのかもしれないから。

しかし、今回は状況が違う。

3回もデートして、徐々に盛り上がっていた。前回のデートも普通に楽しく会話していたし、突然既読スルーされる理由がどこにも見当たらない。

-なんで、突然既読スルーなの?!

向こうに彼氏ができたのか、それとも何かこっちに非があるのか...過去の履歴を何度も見返したが、分からない。その“既読スルー”という現実に、ただ打ちひしがれるばかりだった。

▶NEXT:9月17日日曜更新予定
LINEの答えあわせ【A】:その既読スルーに意味がある。女がNGを出した一文とは?

<これまでのLINEの答えあわせ【Q】>
vol.1 盛り上がったはずが。よくある「突然の既読スルー」という地獄
vol.2 つい送りたくなる“俺通信”。マメに連絡する男がモテるのか?
vol.3 気になる子を誘いたい。「今から飲まない?」が嫌われる理由
vol.4 ナゼ気づかない?女性へ「元気?」と送る男の大きなミス
vol.5 「今日はありがとうございました♡」デート後すぐ来たお礼LINE。これ、脈アリ?
vol.6 好きな女性に嫌われたくない。スタンプで「察して」ほしい男心
vol.7 「仕事が忙しくて予定が分からない」を鵜呑みにする女
vol.8 食事後「楽しかった!またご飯行こう」で態度急変したのはなぜ?
vol.9 返信は律義な彼が、デートに誘ってくれないのはなぜ?
vol.10 エリート男が仕事帰りに送りがちなNGワード。身に覚えある?
vol.11 「元気?」突然きた元カノからの連絡。これって何のサイン?
vol.12 2対2での食事後、個別で仲良くしたい時。その一文が落とし穴
vol.13 「少し時間をおいて、返信する」じらしテク。女の恋愛バイブルは正しいの?
vol.14 可能性の低かった女性が、LINEのやり取りで好転したのはナゼ?
vol.15 ナゼ彼女に浮気がバレた?見落としがちな、LINEのミス
vol.16 男の素っ気ない、絵文字なし短文返信。私への気持ち、どこで見抜けばいい?
vol.17 本命視されていなかったはず。なのにLINEだけで、私の方へなびいたのはナゼ?
vol.18 「今何してる?恵比寿にいない?」この後“圏外男”になってしまった、NGな一文とは?
vol.19 食事会後の連絡先交換。個別で聞くのかグループ交換、どちらが正解?