ここまでミュラー、ハント、そしてコスティッチと、中盤のオフェンスの主力3枚を負傷で失っているハンブルガーSVだが、さらに本日行われるハノーファーとの北部ダービーでは、ボビー・ウッドも欠場することが明らかとなった。

昨シーズンもしばしば膝に問題を抱えていた米国代表FWは、先日の長距離移動を伴った代表参加以来、膝に炎症を抱えている状態であり、代わりにマルクス・ギズドル監督は4部相当の下部チームで7得点(6試合)をマークしているクネールを招集している。

米国代表として34試合に出場している24歳のウッドは、ここまでハンブルクでブンデス1部31試合に出場して6得点。今季は開幕から3試合全てで先発出場しており、1得点をマークしているところだ。(kicker採点平均4.5)