狭額縁のベゼルレスデザインを採用したiPhone Xは、従来のiPhone Plusシリーズよりも端末サイズは小さいながら、実際のディスプレイ領域はPlusよりも大きい――もしかしたら、どこかでそんな噂を耳にしたことがあるかも知れません。
 
あるいは、もしかしたら5.8インチ(正しくは5.85インチ)のスクリーンを搭載しているiPhone Xは、5.5インチのiPhone8 Plusよりも大きいと思っているユーザーがいるかも知れません。しかし、これらは間違いなのです。

インチ=ディスプレイの大きさではない

実は、5.8インチのiPhone Xは、5.5インチのiPhone8 Plusより小さいのです。そんな馬鹿な、と思う方もいるでしょう。しかし、ディスプレイのサイズを表す上での「インチ」とは、縦の長さではなく、対角線の長さなのです。
 

 
iPhone Xはアスペクト比(縦と横の比率)が2.17:1で、iPhone8 Plusの16:9(≒1.78:1)よりも縦長です。したがって、語弊を覚悟で言えば、もともとiPhone Xの対角線は、iPhone8 Plusよりも数値として長くなりやすいのです。
 
つまり、iPhone Xが5.8インチだからといって、それだけで5.5インチのiPhone8 Plusよりもスクリーンが大きいわけではありません。

iPhone XとiPhone8 Plus、大きいのはどっち?

幸いにも、AppleはiPhone XとiPhone8 Plusの画面解像度を公開しています。分かりやすいよう、ピクセル単位の画面解像度を、ポイント単位に換算すると以下のとおり(iPhone8 PlusとiPhone Xは1pt=3px)。
 

iPhone X: 1,125 x 2,436ピクセル = 375 x 812ポイントiPhone8 Plus: 1,242 x 2,208ピクセル = 414 x 736ポイント

 
ここから、スクリーンのエリアをポイント単位で計算します。
 

iPhone Xの推定スクリーンエリア: 375 * 812 = 304,500ポイントiPhone 8 Plusの実質的スクリーンエリア: 414 * 736 = 304,704ポイントiPhone 8の実質的スクリーンエリア: 375 * 667 = 250,125ポイント

 
この時点で、すでにiPhone8 PlusよりもiPhone Xの方がスクリーンエリアが小さいことが分かりますが、iPhone Xだけ「推定」であることに注目してください。実は、iPhone Xは4隅が丸いことに加え、ディスプレイの上部にセンサーやインカメラの領域がせり出しているため、実際のスクリーンエリアは304,500ポイントより更に小さくなります。
 

 
PhoneArenaの計算によれば、4隅などを計算に入れた実際のスクリーンエリアは以下のとおり(計算方法は割愛)。
 

iPhone Xの実質的スクリーンエリア: 296,724ポイントiPhone 8 Plusの実質的スクリーンエリア: 304,704ポイントiPhone 8の実質的スクリーンエリア: 250,125ポイント

 
計算の結果、iPhone Xのスクリーンエリアは296,724ポイント、iPhone8 Plusは304,704ポイントとなりました。つまり、5.8インチのiPhone Xは、5.5インチのiPhone8 Plusのスクリーンに比べて、2.6%小さい計算になります。一方で、4.7インチのiPhone8に対しては、iPhone Xは18.6%大きい計算になります。
 

 
大きさの違い、分かりますか?縦幅だけ見れば、iPhone Xの方が大きいように見えますが、iPhone8 Plusに比べて横幅が狭いので、面積ではiPhone8 Plusの方が2.6%だけ大きいというわけです。このように、端末を見比べても2.6%の違いなど、ほぼ気づかないようなものだとは思いますが……。
 
 
Source:PhoneArena
 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

2017年秋のAppleスペシャルイベント 新製品まとめ【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ