ブランドクリエイター・吉川康雄がプロデュースするコスメブランド、キッカから、2017年9月13日 (水)、ソリッドファンデーション発想の“オイルシール”スキンケアアイテムが発売されました。

オイルとエッセンス、2つを手のひらで混ぜ合わせて使うという、まったく新しい発想のスキンケアアイテム。ここでは、商品の概要をご紹介します。

「ファンデで仕上げたような肌」をスキンケアで実現

今回発売された新スキンケアアイテムは、『キッカ ビューティグロウ オイル&エッセンス』(各18ml/8,800円 <税抜き>)。

キッカは、人がスキンケアに求めるものは、突き詰めて考えれば、“素顔で外出できるほどの肌の見た目の美しさ”だと考えています。そして、角層の内側はもとより、肌表面にこそこだわり、ピンと張ったハリ感と、エナメルのようなツヤを兼ね備えた肌状態、つまり、ソリッドファンデーションで仕上げたような美しい肌を、スキンケアで実現することを目指し、このアイテムを発売したのです。

角層の上の肌表面に注目

キッカが新製品でこだわったのは次の2点です。

“二層バリア”で、内側はうるおい、外側はツヤめく素肌美へ

従来のスキンケアの多くが提唱する“角層への潤い”を与えるエッセンスに加え、キッカは“擬似皮脂膜”をつくるオイルをプラス。

本来肌が持つこの2層のバリアを毎日スキンケアで補給していくことで、角層の内側はふっくらと潤いながらも、表面はピンと張ってツヤめいた素肌美に導いてくれます。

“ファジー乳化”だから実現できた、エナメル肌

使うたびに手のひらで混ぜ合わせる設計には理由があるそうです。

一つはいつでもフレッシュな状態を届けたいから。

もう一つは、濡れたようなエナメルのツヤ肌を実現するには、“ファジー乳化”(水分と油分がゆるやかに混ざった状態)が必要だから。

リッチなとろみの感触が、手のひらで混ぜるその瞬間から、心地よい満足感をもたらしてくれます。

【使い方】

朝晩の洗顔後に以下の手順で使います。また、日中、メイクの上からも使用できます。

(1)1液(オイル)と2液(エッセンス)を各1〜2プッシュ手のひらにとり、混ぜ合わせる

(2)色が白っぽく変化したら(乳化)顔全体に丁寧になじませる

(3)通常のローション、クリームなどのお手入れをする

2つの液を手のひらで混ぜ合わせるという手法や、ファンデーションをつけた後の理想的なツヤ肌をスキンケアで実現するという新発想。この秋注目を浴びそうなアイテムですね。(※ 価格は編集部調べです)