『project OCTOPATH TRAVELER』/画像はすべて公式サイトより

写真拡大 (全4枚)

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けのスクウェア・エニックスの完全新作RPG『project OCTOPATH TRAVELER』の詳細が、同社の発表会「Nintendo Direct 2017.9.14」で明かされた。

【switch向けスクエニ新作『project OCTOPATH TRAVELER』が面白そう!の画像・動画をすべて見る】

同作は2018年に、全世界同時でリリースされるとのこと。同時に、体験版も配信開始となった。

様々な新作タイトルや期待作の続編が発表されている中、『project OCTOPATH TRAVELER』が一部で注目を集めているのは、そのゲームシステムにある。

スクエニ新作『project OCTOPATH TRAVELER』が面白そうなポイント



『project OCTOPATH TRAVELER』では「オルステラ大陸」が舞台。

出身地や職業、目的も異なる8人のキャラクターから1人を選び、物語を自由に進めることができ、スクウェアの名作『ロマンシング サ・ガ3』を彷彿とさせるシステムが採用されている。

画面は、3DCGとドット絵で表現されている「HD-2D」と名付けられたビジュアルが特徴的だ。


また8人の主人公には、それぞれ固有の「フィールドコマンド」が設定されている。

例えば剣士のオルベリク・アイゼンバーグには、ほぼすべての町の住人にバトルを挑むことができるコマンド「試合」。踊子のプリムロゼ・エゼルアートには、町の住人を自由に連れ歩けるようになるコマンド「誘惑」が使用可能となっている。

単なる1本道の物語ではなく、選び取ったキャラクターの役割を咀嚼しながら、目的を達成する醍醐味が味わえそうだ。


なお、『project OCTOPATH TRAVELER』は体験版が現在配信中。上述の「剣士オルベリク」と「踊子プリムロゼ」の旅立ちの物語を遊ぶことができる。