世の中、面白いネーミングの商品は溢れている。そして、商品のユニークな説明もしかり。

けれど、これほどひねりが効いていて、パンチのあるユーモアは珍しい。変わったネーミングに続くのは、思わず吹き出してしまう香りの解説。早速、冗談みたいなラベルたちを紹介していこう。

#1
内向的な人

無臭

なぜなら、とにかく、あなたはどこにも出かけないからね。

#2
本物のアーティスト

失業者のような香り

ラーメンと高品質の絵筆を結合させたような。

#3
次男坊

主に目に見えない香り

さあ、君の髪の毛を紫色に染めよう。決して、誰にも気づかれないから。

#4
オタク

Wi-Fiの香り

この香りは、オタク以外は理解できない。

#5
新しいモノ好き

コーヒー、ベーコン、クラフトビール風

まさに、あなたのあごひげのような香り。

#6
破産したダメミュージシャン

「アルバイトを辞めるな!」のような香り

とはいえ。名声は、曲がり角にある。(爆!そんなわけないよね。)

#7
漢の中の漢

アラスカのような香り

熊の毛皮、もしくは、サーモンの臭いという気がする。美味しそう。

#8
ハイな人

コロラド州のような香り

どこかでは、誰かが大麻を吸っている。

#9
強迫性障害

強迫観念の行動のような香り

手を繰り返し洗うために立ち上がろう。

#10
酒飲み

あなたの口臭のような香り

でも、石鹸に文句をつけてもいい。

#11
ストーカー
 

ゾッとするような香り

不気味そのもの。まるであなたのよう。

#12
宝くじを買う人

夢物語のような香り

履歴書を書くよりもラク。

#13
昼飲み

土曜日のような香り

そして、日曜日も、月曜日も、火曜日も…コツはつかめましたね。

これらの石鹸は、アメリカの「Whisky River Soap Co.」のもの。冗談みたいだが、すべての商品はオンラインで購入することができる。

本社のサイトには、ここでは紹介しきれないほどの石鹸がラインナップされている。ちなみに値段は、ほぼ8.95ドル(約980円)ほど。気が置けないトモダチへのちょっとしたギフトにどうだろうか?

Licensed material used with permission by Whiskey River Soap