長年付き合っていると、言葉にしなくても相手の気持ちがなんとなくわかってしまうもの。良いことも悪いことも全部。どんなカップルでも、“ふたりの空気感”があるんだけど、一緒にいる時間が長いほど、漫才のような心地よい「あうんの呼吸」になる気がする。

漫画家のSarah Graleyが描くのは、交際歴6年の彼氏Stefとの日常。決してステキな日々ばかりではないけれど、何気ない2人のやりとりが妙に愛おしい。

いくら好きでも暑さには

「暑くて手をつなぎたくないわ…」

「だから、代わりに小指でつなぎましょ!」

「……」

「これでも、暑い!!」

ちょっとしたイタズラ心

Stef:「プーー!」(オナラの音)

Sarah: 「今のナニ!?」

Stef:「ああ!」

Stef:「ゴーストだよ〜!」

Stef:「くさーいくさーいゴーストさ…」

ウマいこと言う!

Sarah:「日焼けしちゃった。頭皮がどんな感じになってるか見てくれない?」

Stef:「うわぁ、まるで雪が降ってるみたいだ!」

Stef:「これは、よくないね」

Sarah:「あらら!」

ナゾの意地

Sarah:「このお店のパンケーキ、もの凄く大きいんだって。だから、シェアして食べない?」

Stef:「イヤだね!」

Stef:「僕から絶対にパンケーキを奪うんじゃないぞ!」

Sarah:「わかった」

Stef:「おぉ、ちょっと待って。さすがに大きいな…」

Stef:「うえぇぇぇ…」

キュンとくる瞬間

「フードをかぶって寝るね」

「おやすみ〜!」

「これじゃあ、息ができないわ!」

そう思うのは私だけ

「この写真のあなた本当にカワイイ!」

「ムム〜!」

「やっぱり、どの写真もカワイイわ!」

「あなたって、最高にカワイイのね!!」

どうしてもムリな時

Stef:「今日は何する?」

Sarah:「うーん、そうねぇ…」

Sarah:「殺人ミュージアムなんてどう?」

Stef:「何それ?」

Sarah「犯罪や連続殺人犯に関するものが展示されている美術館よ」

Stef:「うーーーーーーーーーん」

Stef:「もうちょっと楽しそうな所はどうかな?そうだな〜ディズニーランドとか?」

愛よりも欲しいもの

「えーん」

「あら!」

「あなたと手をつなぎたかったワケじゃないの…」

「お菓子が欲しかっただけ!」

当たり前のこと

Stef:「将来、豪邸に住んだら、空港で食べたハンバーガーの写真をたくさん撮影して、そして居間に飾っておこうよ!」

Sarar:「豪邸なんて住みたくないわ。なんか気味が悪いもん」

Stef:「ひぃ!!」

Sarah:「私が豪邸に住みたくないって知っても、あなたの愛が変わらないことを願うわ」

Stef:「もちろん、愛してるとも」

6年間の思い出をマンガに

愛しいStefとの歴史をマンガにしたSarah。長い間、お互いが愛情いっぱいに接してきたから、今では息もぴったりなんだそう。彼女に彼氏との最高の思い出を聞いたところ、「どれが最高か一つだけ選ぶことなんてできない」と答えてくれた。

ケンカをすることもあるけれど、なんだかんだとマンガを読んだ人なら2人のキズナの強さがわかったはず。これからも新たな思い出が綴られていくと思うと、ちょっと羨ましい!

Licensed material used with permission by Sarah Graley,(Instagram)