15日、韓国メディアによると、韓国の通信会社最大手SKテレコムが下半期スマホ市場の一番の期待作とも言われているサムスン電子のGalaxy Note8の発売イベントに消防官を招待したことが話題となっている。資料写真。

写真拡大

2017年9月15日、韓国・聯合ニュースによると、韓国の通信会社最大手SKテレコムが下半期スマホ市場の一番の期待作とも言われているサムスン電子のGalaxy Note8の発売イベントに消防官を招待したことが話題となっている。

15日午前8時にソウル市内で開かれたGalaxy Note8の発売イベントには、ソウル中部消防署所属の消防官8人が出席した。上半期のGalaxy S8のイベントに元フィギュアスケート選手のキム・ヨナが出席したこととは対照的な光景だったという。

消防官らが招待されたのは、SKテレコムが行ったオンライン投票で「最も速い移動通信サービスを贈りたい英雄」の一位に選ばれたため。特別賞と賞品を受け取った消防官らは「国民から意義深い賞をいただけて感謝している」と述べた。

また、SKテレコムは先着順で一番目の客を選定する従来の方式も変更した。オンライン抽選で事前予約客80人を選定してイベントに招待し、彼らにサムスンのスマートウォッチGear S3、5GBデータクーポン、カバーケースをプレゼントした。予約者らは同日朝、到着順にGalaxy Note8を購入した。今年4月にGalaxy S8が発売された際、一番目の客が6日前から店の前に並んでいたこととは大きく異なる。

この変化に対し、韓国のネットユーザーは「斬新なアイディア」「他の会社もこの方式を取り入れてほしい」「芸能人を呼んでイベントを行い、機能に見合わない高額な価格で販売していたSKが今回はまともだった」「異様だけどほほ笑ましい光景」「とても良いね。隠れた英雄のためのイベント」「やっと国らしくなった」「大統領が代わったから、企業も少しずつ変わってきている」などのコメントを寄せ、肯定的な反応を示している。

一方、中には昨年 Galaxy Note 7が発火・爆発問題で販売中止になったことに関連し「爆発した場合に備えて消防官を呼んだのでは?」「爆発したらすぐに駆けつけてねという無言のメッセージでは?」などと皮肉る声も寄せられている。(翻訳・編集/堂本)