いつの時代も変わらずカリスマ的人気を獲得しているスニーカーといえば「AIR JORDAN 1(エア ジョーダン 1)」ですよね! 復刻モデルやアレンジバージョンなど、発売されるたびのスニーカーファンやジョーダンファンのザワつきっぷりといったら、言わずもがなではないでしょうか。

【関連記事】

【スニーカーの裏技】経年劣化にはリペイント一択! ヒビだらけのソールを新品同様にするリペアのプロを訪ねてみた

 

そんなエア ジョーダン1のオリジナルが発売されたのは1985年。いまからもう32年も経っているんです。エア ジョーダンファンのなかには「オリジナルにこだわりたい!」って人もいるかと思いますが、製造されて32年も経つとなると、経年劣化は避けられません。ですが、そんなヴィンテージモデルだって、修理しちゃえばまだまだ普通に履けちゃうのです。

↑ここ数年では、多くのレトロやアップデートモデルも登場しています

 

経年劣化で致命的なのがソールです。アッパーはレザーなので、それほど劣化はしませんが、ソールはポリウレタンなので加水分解して、いつの間にかグズグズに……。そんなときこそ、ソールを交換すれば良いのです。そこで今回、スニーカーリペアの名店「カナムラ」のリペアの現場を緊急取材! その知られざる修理行程をリポートしていきます。

 

パッと見ただけではわからない加水分解の恐怖

こちらが今回リペアするエア ジョーダン1のオリジナルモデルです。ソールは一見するとピンピンしているようにも見えますが……。

 

しかしソールの中身は、このようにグズグズです。ポリウレタンが加水分解して、クッションの役割をまったく果たせなくなっています。

 

こちらが今回エア ジョーダン1のリペアを披露してくれた、シューリペアセンター カナムラのオーナー・金村昭彦さん。日本でも数少ないスニーカー修理職人で、スニーカー修理のパイオニア的存在です。

 

流れるような作業でソール分解の下準備!

↑まずはアッパーとソールの分離作業からスタート

↑加水分解してしまったポリウレタンのカスをミッドソールからキレイに取り除きます

↑こちらがポリウレタンのカスに埋もれていたエアクッションユニット。完全にエアが抜けてぺったんこの状態です

↑アッパーの底面にもポリウレタンが付着しているので、機械で研磨してキレイに取り除きます

↑アッパーの接着ボンドは、カッターナイフによる手作業

 

分解後はソールのリペアに着手!

↑つづいて、ミッドソールに詰めるポリウレタンを切り出すための型紙を作成するため、ミッドソールをスキャンします

↑型紙の線に沿って、新品のポリウレタンをハサミを使ってカット

↑ポリウレタンを専用のボンドでミッドソールの底にしっかりと接着します

 

ソールが完成したら一気に仕上げ!

↑新品のポリウレタンに交換したソールとアッパーを再び接着。アッパーの底に専用ボンドをたっぷりと塗っておきます

↑ソールとアッパーは機械の万力を使ってしっかりと圧着

↑最後に分解前からアッパーとソールに空いていた穴を使って、糸で縫い合わせて行きます

 

やはり製造されてから32年ともなると、ポリウレタンは完全にダメになっていましたね。だけどカナムラで今回披露していただいたように、ミッドソールを新品に交換すれば、まだまだ履けちゃうわけです。価格は状態や程度によりますが、5000〜1万3000円ほどを見ておけばいいでしょう。

 

カナムラではスニーカーの直接の持込みはもちろん、郵送にも対応しているので全国のスニーカーファンには心強い存在。クローゼットの奥に履くのを諦めたヴィンテージスニーカーは眠っていませんか? カナムラで修理すれば、まだまだ現役に復帰させてくれますよ!

 

【SHOP DATA】

シューリペアセンターカナムラ

住所:千葉県香取郡多古町多古2612

アクセス:東関東自動車道 富里インターから車ですぐ

営業時間:10:00〜18:00

定休日:月曜

 

【URL】

シューリペアセンターカナムラ http://www.portland.ne.jp/~kanamura/index.html