iPhone Xより搭載されたFace ID(顔認証)は、たとえサングラスをかけていても、正しくユーザーの顔を識別できることが分かりました。Appleのソフトウェアエンジニアリング担当上級副社長が、寄せられた質問に対してメールで返答しています。

どんな状況でもユーザーを正しく見分ける!

Face IDでは、30,000以上の赤外線ドットを顔に照射し、ニューラルネットワークを通してデバイス上で照合するシステムが採用されています。
 
この高性能技術のおかげで、帽子やヒゲ、眼鏡、髪型の変更、加齢、そして夜間でもユーザーを正しく識別できる、とAppleは胸を張ります。変装してもFace IDは騙せませんし、親しい友人が識別できなくとも、Face IDは識別します。
 

 
Touch ID(指紋認証)の誤認率が5万分の1とするなら、Face IDは100万分の1だそうなので、精度の高さは文字通り桁違いだと考えていいでょう(クレイグ・フェデリギ副社長の顔を認識しなかった疑惑は置いておくとして)。

サングラスを装着していたら?

では、サングラスをかけていたら?顔が覆われてしまいますし、目を瞑っているのか、開いているのかどうかも分かりません。Face IDは「Attension Awareness」と呼ばれるメカニズムで、ユーザーがiPhone Xを注視しているかどうかを見分けます。しかし、サングラスをかけていては、表情が読み取れないのでは?
 

 
幸いにも、フェデリギ副社長によれば、大抵のサングラスであれば、Face IDは顔を識別できるそうです。同氏は デベロッパーのキース・クリンベル氏に宛てたメールでこう記しています。
 

ほとんどの場合で可能です。全てではないですが。大抵のサングラスは赤外線を通すので、たとえグラスが透明に見えなくとも、Face IDはあなたの目を識別します。本当に凄いですよ!

副社長が教えてくれるFace IDの秘密

ちなみに、フェデリギ副社長はiPhone Xに搭載されたFace IDについて、こんな秘密も明かしています。
 
1つ目は、iPhone Xを見つめなければ、ロック解除はなされないということ。これは上で述べた「Attension Awareness」の機能のことを指しています。仮に泥棒からiPhone Xを奪われた挙句、顔に端末を突きつけられても、注視さえしなければ解除はされない、というわけです。
 
そしてもう1つは、手渡す時に両側のボタンを押せば、一時的にFace IDを使えなくできるということ。ワンタッチでFace IDをオフにすれば、後は従来のパスワード認証で代替することになります。こちらについては、友人とiPhone Xを共有するときにも手軽に使えそうですね。
 
 
Source:MacRumors
(kihachi)
 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

2017年秋のAppleスペシャルイベント 新製品まとめ【スペック比較】「iPhone X」と「iPhone8/8 Plus」iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xの予約・入荷・在庫状況 情報掲示板iPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ