英地下鉄爆発でパニックか テロとみて捜査

写真拡大

 イギリス・ロンドンで15日朝、地下鉄の車両内でバケツのようなものが爆発し、複数の乗客がケガをしたものとみられる。警察はテロ事件とみて捜査している。

 警察によると、事件があったのはロンドン南部にあるパーソンズ・グリーン駅。日本時間の15日午後4時20分ごろ、地下鉄の車両内で小さな爆発があったとの通報があった。

 地元メディアによると、車両内に置いてあったバケツのような白い容器が爆発したということで、火の玉のようなものが見えたとの目撃情報もある。

 この爆発で複数の乗客らが顔にやけどを負うなどのケガをしたものとみられる。

 ロンドン警察は会見で「現時点でテロに関連した事案との見方で捜査している」などと述べ、テロ事件とみて捜査していることを明らかにした。

 現地は爆発当時、通勤時間にあたる午前8時半ごろで、車内は混み合っていたという。乗客らは逃げようとパニックになり、一部で折り重なるように倒れケガをしたとの情報もある。