アメリカ・メリーランド州の施設で保護されていた猫のモジョ(11歳)は、里親を申し出た女性によって引き取られていきました。

ところが1か月が過ぎてもモジョは元気がありません。女性は職員から「モジョには常に一緒にいた高齢の猫がいる」と説明を受けたことを思い出しました。

彼女はすぐに施設を訪れ、モジョの親友も一緒に飼いたいと申し出たのです。

 

Woman Adopts Senior Cat, Comes Back to Shelter for His Old Friend


「モジョは1か月が過ぎても、ふさぎ込んでいる様子だった」


モジョ(11歳)とマックス(16歳)は施設に保護される前からの親友でした。しかしながら高齢の猫が2匹同時に引き取られる可能性は薄く、それぞれ別のケージに入れられて里親募集されていました。

たまたまモジョを見て気に入った女性が里親となったことで、2匹は完全に離ればなれとなったのです。


その説明を少しだけ聞いていた女性は、「モジョが心を開いてくれないのはマックスの存在が理由ではないか」と思い、一緒に飼うことに決めました。

施設側も快諾し、マックスが女性宅にやってくると……。

[画像を見る]
この通り!

[画像を見る]
再会を果たしたモジョは、すっかり落ち着きを取り戻しました。

[画像を見る]
寄り添って眠る2匹。

[画像を見る]
これからはずっと一緒です。

新たに高齢な猫の世話をするのは簡単ではないかもしれませんが、幸せそうな2匹を見ることができて、飼い主の女性も幸せとのことです。

【飼い主「猫を引き取ったけど寂しそう…親友と引き離されたからでは?」→もう1匹も引き取った結果】を全て見る