画像提供:マイナビニュース

写真拡大

東京メトロと東京都交通局は14日、九段下駅における東京メトロ東西線・半蔵門線と都営新宿線のさらなる利便性向上施策として、3線共通改札口の設置と乗換えエレベーターの整備を進め、駅の環境整備の工事も開始すると発表した。3線共通改札口と乗換えエレベーターの供用開始は2020年3月末を予定している。

九段下駅では2013年3月、地下4階の東京メトロ半蔵門線ホーム・都営新宿線ホームを隔てていた壁の撤去などにより、改札口を出ることなく両線を乗り換えることが可能となった。一方、東京メトロ東西線ホームは地下2階に設置されており、現在も半蔵門線・都営新宿線から東西線への乗換えは改札口を一度出る必要があった。

今回の発表によれば、九段下駅の地下3階に設置されている半蔵門線・都営新宿線用の既存改札口4カ所は撤去され、地下2階にある東西線用の改札口2カ所を移設して3線共通改札口にするという。これにより、改札口を出ることなく半蔵門線・都営新宿線から東西線へ乗換えが可能となる。乗換えエレベーターは九段坂側に3基整備され、地下2階の東西線(中野方面)ホームと改札口、地下3階のコンコース、地下4階の半蔵門線・都営新宿線ホームが結ばれる。あわせて天井パネル改修、各種設備の更新なども実施される。

九段下駅の乗換え改善の工事は今年10月から始まり、3線共通改札口と乗換えエレベーターの供用開始は2020年3月末(予定)、その他の工事も2025年3月末の供用開始を予定している。この工事は東京メトロ・東京都交通局のサービス一体化に向けた取組みの一環で実施され、「工事期間中、駅ご利用のお客様に大変ご迷惑をお掛けしますが、ご理解とご協力のほど、よろしくお願いします」と両事業者は発表している。