20歳のスター候補としてなら申し分のない逸材であり、及第点以上の評価を与えられるところだが、ネイマールの穴を埋める即戦力の大物として加入したことが、デンベレにとっては大きな不幸である。 (C) Getty Images

写真拡大 (全3枚)

 予想していたことながら、やはり即戦力として計算できる選手ではなさそうだ。
 
 ドルトムントからバルセロナに加入し、ネイマールの背番号11を受け継いだウスマンヌ・デンベレのことである。

 リーガ・エスパニョーラ第3節のエスパニョール戦のラスト20数分、ユベントス戦の70分間を見ただけで判断するのは、明らかに時期尚早ではあるだろう。
 
 しかも、エスパニョール戦では終了間際に右サイドからグラウンダーのクロスを通し、ルイス・スアレスの今シーズン初ゴールをアシスト。ユベントス戦ではDFを背負った状態で縦パスをキープし、リオネル・メッシに繋げて先制ゴールの起点となった。
 
 この2プレーだけを切り取れば、上々の滑り出しと言えないこともない。
 
 だが、この2試合で検証した総合的なパフォーマンスは、彼に対して加入前から抱いていた不安要素を裏付けるものだった。
 
 トップスピードに乗るためのスペースがあれば、彼は持ち前の突破力を発揮することができる。先述の2つのシーンも、やはり相手が間延びして周囲に大きなプレースペースが生じている状況でのプレーだった。
 
 一方で相手の守備組織が整い、スペースが限定された状況下でボールを受けた際のプレーからは、技術、判断力ともに物足りない印象を受けた。
 
 ネイマールのように静止した状態からでも能動的にフェイントをかけてマーカーを揺さぶり、周囲とのコンビネーションを駆使してアタッキングサードの密集地帯を突破できるようなスキルやプレーの引き出しは、少なくとも現段階では見せられていない。
 
 ジョゼップ・グアルディオラとティト・ビラノバの時代と比べ、近年のバルサは、中盤が間延びした状態でカウンターの応酬を仕掛けるシーンが多く見られるようになっている。その点では、彼のスピードに乗ったドリブル突破が活きるシーンがあることも確かだろう。
 
 それでもバルサとの対戦においては、今でも多くのチームが後方のスペースを消して堅守速攻策に徹してくる。
 
 そう考えると、彼のようなタイプはスターターとしてではなく、ユベントス戦の後半ように、相手がゴールを求めてラインを押し上げてきた際に切り札として投入するスーパーサブ的な使い方に限られてくる。
 ネイマールの移籍がなければ、当面はそれでも十分だった。
 
 元々、デンベレは移籍金が1500万ユーロに過ぎなかった1年以上前から、バルサが狙っていた選手である。今夏の獲得に際しても、プロとしての実績も僅かなこの20歳を、ネイマールの喪失を忘れさせるスター選手として迎え入れる予定ではなかったはずだ。
 
 それは、移籍期限ぎりぎりまでフィリッペ・コウチーニョ(リバプール)とアンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)の獲得を試みていたことからも読み取れる。

 2人はいずれもスペインでのプレー経験があり、ビッグクラブや強豪国の代表チームでしか味わえない大きなプレッシャーにも耐え得るメンタリティーの持ち主であることを証明してきた選手である。
 
 コウチーニョとディ・マリアのいずれか、あわよくば両方を、計算できる即戦力として補強し、デンベレは近い将来性に大化けする可能性がある有望株として大事に育てる――。
 
 強化部がそんな青写真を描いていたことは、テクニカル・セクレタリーのロベルト・フェルナンデスが「あと1人、可能なら2人は補強したい」とデンベレの入団会見の席で話していたことからも想像できる。
 
 しかし、実際には2人どころか、1人も獲ることができず――その原因がデンベレの獲得に金を払い過ぎたせいとは皮肉な話である――、デンベレは加入早々からネイマールなきバルサの新シーズンの希望を、一身に背負うことになってしまった。
 
 本人には気の毒なことながら、1億ユーロ以上の移籍金を要した選手なだけに、周囲に期待するなと言うのも無理な話である。
 
 クラブ史上最も金のかかった新戦力には、ファンもメディアも必ず、それ相応の見返りを求めてくる。問題は彼らがいつまで、その“返済”を待ってくれるかだが、こればっかりは何とも言えない。
 
 将来性豊かな若者の才能が、周囲から受けるプレッシャーに押し潰され、史上最悪の失敗補強としてクラブ史の汚点とならないことを願うばかりだ。
 
文:工藤 拓
 
【著者プロフィール】
1980年、東京都生まれ。桐光学園高、早稲田大学文学部卒。三浦知良に憧れて幼稚園からボールを蹴りはじめ、TVで欧州サッカー観戦三昧の日々を送った大学時代からフットボールライターを志す。その後EURO2004、W杯ドイツ大会の現地観戦を経て、2006年よりバルセロナへ移住。現在は様々な媒体に執筆している。