故障者/新潟=ソン・ジュフン、成岡、矢野、R・フランク、森 鹿島=P・ジュニオール、鈴木、遠藤、町田
出場停止/新潟=なし 鹿島=なし

写真拡大 (全3枚)

J1リーグ26節
アルビレックス新潟 - 鹿島アントラーズ
9月16日(土)/18:00/デンカビッグスワンスタジアム
 
アルビレックス新潟
今季成績(25節終了時):18位 勝点11 2勝5分18敗 15得点・48失点
 
【最新チーム事情】
●前節・広島戦はスコアレスドロー。13試合ぶりに無失点に抑えた。
●広島戦で負傷退場した富澤に代わり、右膝手術から回復した大野が約4か月ぶりの出場。
●膝痛だったベテランFW田中がトレーニングに部分合流
 
【担当記者の視点】
 前節・広島戦をスコアレスドローとし、勝点3こそ積み上げられなかったが、13試合ぶりの無失点を浮上のきっかけにできるか。今節は首位・鹿島が相手とはいえ、残留へ向けてなんとしても勝点が欲しいゲームだ。前回対戦も0-2で敗れているとはいえ、内容は前向きなものだった。
 
 広島戦で、トップ下で初先発、フル出場して新潟デビューを果たした小川がサッカーのクオリティーを上げたのは間違いない。今節は首位を相手に、攻撃面でどこまでプラスアルファの存在になれる注目だ。
 
 広島戦途中に右目尻を切った富澤に代わり出場した大野は、11節・浦和戦以来のプレーに。6月に右膝を再手術して以来初のベンチ入りだったが、今節首位を相手にしても守備の安定をもたらせるか。また今週のトレーニングでは、膝痛で5月初めから別メニューが続いていたベテランFW田中がトレーニングに部分合流。さっそくチーム内で屈指のシュート精度を見せつけ、ひたむきなプレーでもチームを活気づけている。
J1リーグ26節
アルビレックス新潟 - 鹿島アントラーズ
9月16日(土)/18:00/デンカビッグスワンスタジアム

鹿島アントラーズ
今季成績(25節終了時):1位 勝点25 18勝1分6敗 40得点・23失点
 
【最新チーム事情】
●14日の練習で鈴木が負傷。試合前日の練習を休み、新潟戦は欠場濃厚。
●大宮戦で左太腿を痛めて途中交代した遠藤も帯同メンバーに入らなかった。
●大宮戦に続き、金森が2試合連続で先発の見込み。左SBには西が起用されそうだ。
 
【担当記者の視点】
 主力クラスの鈴木、遠藤の負傷離脱は間違いなく痛いが、そこまで戦力的な不安はない。敵地での戦いといえども、いつも通りにやれば勝利を掴めるはず。盤石の強さを見せる今の鹿島に、これといった死角はない。
 
 もっとも、新潟は残留に必死なだけに、油断すれば足もとをすくわれるだろう。実力的に考えても“勝って当たり前”というゲームほど、ミスが重なって攻めあぐねれば、自らの首を絞めることになる。
 
 まずは早い時間帯に先制し、前掛かりとなった相手の背後を巧みに突く。持ち前の試合巧者ぶりを発揮して、連覇に向けて着実な一歩を刻みたい。