画像

写真拡大 (全2枚)

 コアフォースは、同社が運営する通販CRMシステムの「LTV-Lab」において、トライベック・ストラテジーが提供するマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」の一部機能との連携を開始した。

 コアフォースは、同社が提供する通販CRMシステムの「LTV-Lab」と、トライベック・ストラテジーが運営するマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」の一部機能との連携をスタートした。

 これにより「LTV-Lab」のセグメント機能において、「HIRAMEKI management」によるデジタル行動解析データを利用することが可能に。オウンドメディア内の行動データ解析に強みを持つ「HIRAMEKI」の機能と連携することで、購買検討段階の顧客セグメントを対象に、様々な条件分岐でステップメールを組むことができ、Webサイト上で特定のアクションをした顧客セグメントへのメール配信も可能になる。

 同社は9月14日から、今回の連携による追加機能をオプション機能としてリリースしている。

MarkeZine編集部[著]