ベルギー・ブリュッセルの北大西洋条約機構(NATO)本部で会見するイエンス・ストルテンベルグNATO事務総長(2017年7月13日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北大西洋条約機構(NATO)のイエンス・ストルテンベルグ(Jens Stoltenberg)事務総長は北朝鮮による最新のミサイル発射について15日、「無謀な国連(UN)決議違反」だと述べ、「世界規模での対応」を呼び掛けた。

 ツイッター(Twitter)の中でストルテンベルグ事務総長は「北朝鮮のミサイル発射は国連決議に対するさらなる無謀な違反だ。国際平和と安全にとって大きな脅威であり、世界規模での対応が必要とされる」と述べた。

 北朝鮮は15日午前、日本上空を通過する弾道ミサイルを発射した。国連安全保障理事会(UN Security Council)は、今月初めに北朝鮮が実施した6回目の核実験を受けて、11日に8回目の対北朝鮮制裁決議を採択したばかりだった。
【翻訳編集】AFPBB News