阿武咲を下した豪栄道(奥)=両国国技館(撮影・中井誠)

写真拡大 (全2枚)

 大相撲秋場所6日目(15日、両国国技館)ただひとり初日から5連勝の阿武咲は大関豪栄道に押し出され、全勝がいなくなった。日馬富士は千代大龍を寄り切りで下し、連敗を3で止めた。1敗で豪栄道、阿武咲、大栄翔、大翔丸の4人が並んでいる。正代は照ノ富士戦2場所連続の不戦勝となった。

 豪栄道は立ち合いで張って左を差す。阿武咲に押し込まれたものの、土俵際ではたいて体を入れ替えて押し出した。

 日馬富士は張って二本差し左の下手を取ると、鋭く前に出て千代大龍を寄り切った。

 琴奨菊は御嶽海にもろ差しを許し、土俵際まで攻め込まれるが左腕を抱え込んでこらえる。攻めをしのいだ琴奨菊は右からの小手投げを打つが、逆に御嶽海の左すくい投げに屈した。

 1敗同士の対戦は突いて出た大栄翔が左を差して荒鷲を寄り切った。大翔丸は朝乃山を突き落として1敗を守った。