【プレミア第5節プレビュー】チェルシーvsアーセナルのロンドン・ダービー開催

写真拡大

▽前節は、好調のマンチェスター・シティとリバプールが激突したが、ホームのシティが数的有利を生かしたこともあって5-0で圧勝。また、マンチェスター・ユナイテッドはアウェイでのストーク・シティ戦を2-2で終え、開幕からの連勝が3試合でストップした。迎える今節は、日曜日の日本時間21時30分から行われるチェルシーvsアーセナルのロンドン・ダービーが最注目カードだ。

▽開幕節のバーンリー戦を落としたチェルシーだが、そこからスパーズ、エバートン、レスター・シティと難敵との3連戦を勝利。火曜日にはチャンピオンズリーグ(CL)でカラバフを6-0で粉砕しており、王者らしい強さを見せている。今節は、開幕節で退場したケイヒルが累積警告の出場停止明けで起用可能。モラタが4試合3得点と結果を残しており、新加入のバカヨコやザッパコスタ、リュディガーらもすんなりとチームに溶け込んでいる。ホームでのロンドン・ダービーを制し、4連勝となれば勢いは増す。

▽対するアーセナルはボーンマスと対戦した前節、0-4で敗れた前々節のリバプール戦からバウンスバックする3-0の勝利を記録。前節ではコシエルニー、ムスタフィ、モンレアルの3バックが今季初めて揃い、安定した戦いを見せた。今節も相手のシステムに合わせた[3-4-2-1]のシステムを採用することが濃厚だ。初めての参戦となった木曜日のヨーロッパリーグ(EL)初戦は、ケルンを相手に3-1で勝利。中2日と厳しい日程の中でのアウェイ戦だけに、勝ち点1でも御の字だろう。

▽日曜日の日本時間24時キックオフとなるユナイテッドvsエバートンも注目だ。ユナイテッドは前節、ストークを相手に苦戦して2-2のドロー。だが、火曜日にはCLでバーゼルを3-0と一蹴したように、チームは好調だ。この試合では、そのバーゼル戦で負傷したポグバが1カ月程度の離脱となり、起用することができないため、古巣対決となるフェライニに期待がかかる。

▽対するエバートンは前節、スパーズに0-3で敗れて2連敗中と苦しんでいる。今夏の移籍後、初めてオールド・トラフォードに帰還するルーニーに注目。入れ替わりでユナイテッド入りしたルカクとのストライカー対決でどちらが結果を残すか、必見だ。

▽首位のユナイテッドと勝ち点で並ぶシティは、アウェイでのワトフォード戦。リバプールを5-0で粉砕して勢いに乗るチームは、水曜日のCLでもフェイエノールトに敵地で4-0と圧勝した。共存することが増えてきたガブリエル・ジェズスとアグエロのコンビが好調で強力。3連勝として、その後に試合を控えるユナイテッドらライバルにプレッシャーをかけたい。

▽リバプールは、ホームでのバーンリー戦だ。水曜日のCLはセビージャに2-2のドロー。中2日となる今回は、前節にGKエデルソンに対して顔面キックを入れる形になって一発退場となったS・マネが3試合出場停止処分となったため起用できない。バーンリーは今季、チェルシーに勝利し、スパーズからも勝ち点1を奪うなど、各上相手に結果を残している。リバプールは公式戦3試合ぶりの白星を飾ることができるか。

▽そのほか、水曜日のCLでドルトムントを3-1で下して仮住まいのウェンブリーでの今季初勝利を手にしたスパーズは、引き続き聖地でのスウォンジー戦。ユナイテッド、チェルシーを相手に連敗したレスターは、昇格組ハダースフィールドのホームに乗り込む。代表ウィーク明けの前節でベンチ外となった岡崎が先発に復帰する可能性がありそうなだけに、期待したいところだ。

◆プレミアリーグ第5節

▽9/15(金)

《28:00》

ボーンマス vs ブライトン

▽9/16(土)

《20:30》

クリスタル・パレス vs サウサンプトン

《23:00》

ニューカッスル vs ストーク・シティ

WBA vs ウェストハム

ハダースフィールド vs レスター・シティ

リバプール vs バーンリー

ワトフォード vs マンチェスター・シティ

《25:30》

トッテナム vs スウォンジー

▽9/17(日)

《21:30》

チェルシー vs アーセナル

《24:00》

マンチェスター・ユナイテッド vs エバートン