【ブンデス第4節プレビュー】武藤がバイエルンと対戦、香川ドルトvs大迫ケルンも

写真拡大

▽代表ウィーク明けに行われた前節、バイエルンがホッフェンハイムに敗れて早くも今季初黒星を喫し、ドルトムントがフライブルクに引き分けて早くも連勝チームがなくなった。そして、マインツの武藤がチームの勝利につながる今季初ゴールを決めている。迎える第4節では武藤が王者バイエルンと対戦し、ドルトムント香川とケルン大迫の日本人対決が開催される。

▽前節ホッフェンハイム戦を相手の堅守と速攻の前に沈んだバイエルンは、火曜日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のアンデルレヒト戦を3-0と勝利。10人の相手に幾つかピンチを作られたが、ホッフェンハイム戦の敗戦を払拭した。アンデルレヒト戦の良い流れをリーグ戦に持ち込めるか。

▽一方、レバークーゼン相手にビューティフルボレーでの同点弾を決め、チームの今季初勝利に貢献した武藤。王者バイエルン相手に2戦連発弾を決め、チームに金星をもたらせるか。

▽10人のフライブルクを攻めあぐねて3連勝を逃がしたドルトムントは、水曜日に行われたCLのトッテナム戦を1-3と敗戦した。チームは敗れたものの、今季初先発を飾った香川は1アシストを決めて存在感を見せた。その香川はベンチスタート予想だが、途中出場で引き続きゴールに絡むプレーを見せたい。

▽一方、アウグスブルクに0-3と惨敗し、唯一の開幕3連敗となったケルン。木曜日に行われたヨーロッパリーグ(EL)のアーセナル戦では1-3と逆転負けを喫した。アウグスブルク戦では途中からボランチでプレーした大迫は、アーセナル戦では途中出場となった中、引き続き先発予想。今季初ゴールでチームを連敗から救えるか。

▽開幕2連勝スタートを切ったハンブルガーSVに2-0と快勝して2勝1敗スタートとしたライプツィヒは、1勝1分け1敗スタートのボルシアMGとのホーム戦に臨む。水曜日に行われた初のCLではモナコ相手に1-1のドロー。相手の堅守の前に苦戦したが、勝ち点1を獲得したことをポジティブに受け止め、リーグ戦につなげたい。

▽木曜日に行われたELのビルバオ戦を0-0で引き分けたヘルタ・ベルリンの原口は、同じくELを戦ってブラガに1-2と敗れたホッフェンハイムとのアウェイ戦を戦う。原口はビルバオ戦で終盤に出場し、決定機に絡んだが、引き続きベンチからチャンスを窺いたい。

▽その他、2試合連続途中出場となっているシュツットガルトの浅野はヴォルフスブルクとのホーム戦を、ヒザ痛で前節ボルシアMG戦を欠場したフランクフルトの長谷部はアウグスブルクとのホーム戦を戦う。前節、今季初のベンチ外となった鎌田はベンチ入りできるか。途中出場で今季リーグ戦初出場を果たしたHSVの酒井高は、金曜日に2勝1分けと好スタートを切ったハノーファーとのアウェイ戦を戦う。

※スタメン予想はドイツ『キッカー』を参照

◆ブンデスリーガ第4節

▽9/15(金)

《27:30》

ハノーファー vs ハンブルガーSV

▽9/16(土)

《22:30》

ブレーメン vs シャルケ

シュツットガルト vs ヴォルフスブルク

フランクフルト vs アウグスブルク

バイエルン vs マインツ

《25:30》

ライプツィヒ vs ボルシアMG

▽9/17(日)

《20:00》

ホッフェンハイム vs ヘルタ・ベルリン

《22:30》

レバークーゼン vs フライブルク

《25:00》

ドルトムント vs ケルン