米陸軍参謀総長、対北朝鮮「何でも行う用意」 小野寺防衛相と会談

写真拡大

[東京 15日 ロイター] - 米陸軍トップのミリー参謀総長は15日午後、防衛省で小野寺五典防衛相と会談し、同日朝に北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて、「受け入れられない」と非難した。

「北朝鮮は日米同盟の強さを疑うべきではない」とした上で、「米軍は必要なことは何でも、最大限行う用意がある」と述べた。

ミリー参謀総長はこの後、山崎幸二・陸上幕僚長とともに訪韓し、太平洋地域の陸軍首脳が集まる会議に出席する。韓国の陸軍トップとの3者会談も予定しており、小野寺防衛相は「自衛隊、韓国軍とともに3カ国の強い連携を作ってほしい」と語った。

(久保信博)