「スーパーマリオ オデッセイ」本体同梱版(任天堂の発表資料より)

写真拡大

 任天堂は14日、「スーパーマリオ オデッセイ」と対応ゲーム機である「Nintendo Switch」に各種アクセサリーがセットになった「Nintendo Switch スーパーマリオ オデッセイセット」を10月27日に発売すると発表した。オリジナルカラーのJoy-Conに、専用デザインのキャリングケースやステッカーが付属して、価格は3万7,980円(税別)となっている。予約受付も14日よりスタートした。

【こちらも】スーパーマリオ オデッセイ、ESRBレーティングがマリオ初の「10歳以上」

 付属品は単体での販売も決定している。Joy-Con(L)・(R)はいずれか一方で4,480円(税別)、セット版が7,480円(税別)だ。本編の特徴的なギミックにもなっている、マリオの帽子や背景がデザインされたオシャレなキャリングケースは2,480円(税別)にて販売される。

 また、ウェディングスタイルの衣装を身に付けた主要キャラクターたちのフィギア「amiibo」も同日に発売予定だ。こちらは、マリオ、ピーチ、クッパの3種類がセットになった「トリプルウェディングセット」として3,600円(税別)で販売される。単体での価格は、各種1,200円(税別)だ。同商品はゲーム内で同様の衣装に着替えられるだけでなく、例えばマリオなら「一定時間の無敵効果が得られる」と言った、固有のゲーム内効果も得られる。

 これらの発表は、同日に配信された任天堂のプレゼンテーション「Nintendo Direct」内で行われたもので、他にもゲームに関する様々な内容が公開された。配信では、初公開となる雪や海をテーマにしたステージや、新アイテム「パワームーン」を使った遊び方が確認できた。他にも、ミニゲームにチャレンジする様子や、ゲーム内の撮影機能なども紹介され、幅広く遊べる様子が映し出された。

 発売まで1カ月を切った、国民的人気を誇る「スーパーマリオシリーズ」の最新作。本体とのセット販売と言うこともあり、Nintendo Switchの売り上げも左右する大きな一手となりそうだ。