一度は別れたとしても、後々になって復縁するのは珍しくありません。

ですが、一度は別れた相手。同じような別れ方だけは繰り返さないように、いくつか注意しておかなければいけません。

恋愛研究に余念のない筆者が、元彼と”復縁”する上ですべき3つの注意をご紹介します。

■注意1:過去に別れた理由の再確認

まず復縁の前には、過去には何が原因で別れることになったのかを確認するのがマスト。

この確認をしておかないと、せっかく復縁したとしても同じ別れ方をしてしまう可能性も高め。また、別れた理由については、相手との共通認識も大切です。同じ認識をもっていないと、そこから生まれた勘違いによって、また別れてしまいかねません。

理由が明確になっていれば、同じ過ちを繰り返しにくくなりますよね。

■注意2:交際時の出来事は責めないように

一度は別れた仲だけに、復縁後には交際当時と同じような理由でトラブルが起きるかもしれません。

そんなシーンで「前だってこうだったじゃない!」と、過去のことを責めるのはご法度。別れた時の彼を見続けてしまうと、関係はなかなか前に進みません。彼にしてみれば、「今の自分をみてもらえてない」と、彼女に対して失望してしまう可能性も。今の彼を受け止められたら、復縁後の喧嘩だって減ります。

■注意3:冷却期間を置くべし

「過去の自分が”なぜ”別れたのか」「自分に悪いところはなかったのか」と、自己分析するための冷却期間を置くのが大切。自分が悪くて別れた場合には、原因を見つける心がけにもつながります。

冷却期間は、最低でも1週間から1ヶ月は目安にして。自分が悪くて別れたなら、悪い印象を彼に忘れさせる期間が必要だからです。

元彼と”復縁”する上で大事な“3つの注意”をご説明しましたが、いかがでしたか?復縁したいなら、これらの注意はマストです。

大好きな彼と一刻も早く復縁したい女子でも、焦らずに時期を見極めて。(麻生アサ/ライター)

(愛カツ編集部)