故障者/大宮=播戸、瀬川 G大阪=藤本
出場停止/大宮=なし G大阪=なし

写真拡大 (全3枚)

J1リーグ第26節
大宮アルディージャ - ガンバ大阪
9月16日(土)/18:00/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 
大宮アルディージャ
今季成績(25節終了時):17位 勝点20 5勝5分15敗 22得点・44失点
 
【最新チーム事情】
●前節は大前をトップ下に置く4-2-3-1が機能。
●トレーニングでは素早い攻撃と裏抜けの意識を高めた。
●前節途中交代のM・トスカーノは練習には合流済み。
 
【担当記者の視点】
 代表ウィーク明け初戦の鹿島戦で0-1と敗戦。ボールポゼッションをある程度できたものの、要所で失点を防ぎ切れず、相手ゴールに迫るパワーも不足した。
 
 ただ、後半に見せた大前をトップ下に置く4-2-3-1が一定の成果を上げたのは朗報だろう。改めて戦い方を整理し、良かった点を継続したい。
 
 G大阪との前回対戦時には0-6の大敗を喫しており、2度も醜態を晒すわけにはいかない。14年の鹿島、16年の川崎と大物食いをしてきた熊谷の地で、リベンジを期す。
J1リーグ第26節
大宮アルディージャ - ガンバ大阪
9月16日(土)/18:00/熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
 
ガンバ大阪
今季成績(25節終了時点):7位 勝点39 11勝6分8敗 40得点・28失点
 
【最新チーム事情】
●前節の神戸戦を1-2で落として今季8敗目を喫する。
●MF井手口に英2部のリーズが獲得オファー。
●古巣との一戦となる泉澤はスタメンが有力。
 
【担当記者の視点】
 前節の神戸戦を落としリーグタイトルの獲得は厳しい状況となった。ここにきて勢いに陰りが見られるが、残り9試合でACL出場権を確保するためにも、このアウェー戦はモノにしておきたい。
 
 この先、天皇杯やルヴァンカップを控えるため、大宮戦では前節から多少メンバーを変えて臨みそうだ。左サイドには、神戸戦で途中出場だった泉澤のスタメン起用も見込まれており、チームが停滞ムードを払拭できるか見物だ。