【ワシントン時事】ロイター通信によると、ハイテン米戦略軍司令官は14日、北朝鮮が先に強行した核実験について「水爆(実験)だったと見なしている」と語った。水爆実験だとする北朝鮮の主張について、米政府高官は「矛盾する情報はないが、確証はない」と話していた。

 ハイテン司令官は記者団に「私は核科学者ではないから、どんな爆弾だったかは言えない」としながらも、「われわれが目撃した(爆発の)規模は、水爆であることを示している」と述べた。

 また、北朝鮮が核弾頭を搭載可能で信頼性が高い大陸間弾道ミサイル(ICBM)を保有した確証はないと前置きした上で、「保有するかどうかではなく、いつ保有するかの問題だ」と指摘した。