古いCD、カセットテープなども売れる

写真拡大

 不要なものはどんどん「断捨離」すべし。最近ではそのような生き方が流行りつつある。

 うず高く不要物が積んであるゴミ屋敷寸前の部屋より、最低限のもので丁寧に暮らす部屋のほうが気分がよいのもわからんでもない。

 しかし、単に「捨て」てしまうのはあまりにもったいない。なにせ、到底高価なものとは思えないようなゴミ・ガラクタさえもが「お金」に替えられるのだから。

 今回から、古物商コンサルタントでありリサイクルアドバイザーとして活躍する泉澤義明氏に、家のガラクタでもカネに替えられる、リサイクル術をレクチャーしてもらいたい。

◆そのゴミ、お金に変わるかも!?

 ちょと捨てるのを待ってください!今あなたが捨てようと思っている「○○」! もしかしたら、1万以上になるかもしれません。

 あなたにはただのガラクタ・ごみかもしれませんが、ある人にとっては喉から手が出る程欲しいものなんです。

 こんなガラクタ、売れるの?

 売れるんです!

 2000円・5000円・・・3万円のお金に変わったらどうしますか?

 捨てようと思ったものが、5000円になるならば勿論その方法知りたいと思いませんか?

 では、どんな物が売れるのでしょうか? この「○○」に当てはまるものは本当にびっくりする位あります。

 ある方法を使うといくら位で売れるかすぐに分かるので、私は必ず捨てる前に必ずやる事があります。その方法も後ほどお教え致します。

 これは、私自身がビックリしたのですが、自分の履いた靴が売れるんです。しかも、ブランド品でもない1万位で買った靴、しかも一度履いただけとかではなく、かかとが擦れるまで履いた靴だったんです。だから、1000円でも売れないだろうと思っていたら、なんと3000円以上で売れたんです。これには、びっくりと言うか、衝撃でした。

 着た服は勿論、読み終わった雑誌・本・そして小学校・中学校・高校・大学の教科書も売れるんです。

 記念に残しておいたけどかさばるし、そろそろ捨てようかなと思っていた。捨てていないあなたは捨てないで正解です。

 結構高く売れている物もあります。参考書・問題集などは、書き込みなどがあっても売れます。

 さらに、あなたの家のどこかの引き出しに、テレビのリモコン・クーラーのリモコン・照明のリモコンか、なんのリモコンかわからないリモコンだったり、本体のほうが壊れてしまったので、今は使わなくなったリモコンなどはありませんか?

 そのリモコンも売れるんです。

 何故でしょうか? 古い電化製品だとメーカーも製造を中止していて、メーカーに在庫がない事もあるんです。もし、今自分のテレビのリモコンが壊れて使えなかったら、リモコン欲しいですよね。そのような方の為に、リモコンを扱う中古専門店もあるんです。

 また、写真にあるような、レコード、CD、カセットテープなども売れるのです。このカセットテープの中でもグレードがあるのですがメタルテープは高額で取引をされています。

 レコード・CDもアーティスや限定版などは更に高く売れる物も沢山あります。お父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃんが聞いていた押入れの中にある、レコード、CDももしかしたら、高くなるものが、あるかもしれません。実家に帰った時は押入れを見てみて下さい。

 とにかく、意外なものでも売れてしまうんです。そのため、捨てる前には必ず「あること」をしてください。

 捨てる前にする「あること」。それは「検索」です。

◆捨てる前に「売ったらいくらになるか」知るべし

 帰省した実家にあった自分の若い頃のガラクタや今は使わなくなったボロボロの靴、何のリモコンすらもわからないリモコンなどゴミ、ガラクタでも捨てる前にまず「検索」をしましょう。