ラトックシステム、PM2.5/VOCなどの空気質をはかって知らせるBluetooth エアクオリティ モニターを発売

写真拡大 (全4枚)

ラトックシステムは、空気中を浮遊する粒子の飛散量や温湿度・気圧などを計測し、アプリで数値やグラフを確認できる、 Bluetooth接続のエアクオリティモニター「REX-BTPM25V」を2017年9月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は2万円前後。

計測方法には、 1回だけ計測する「今すぐ計測」と、指定した時間間隔で計測する「自動計測」があり、アプリから操作を実行する。測定項目は、 PM2.5濃度(μg/m3)、 PM10濃度(μg/m3)、 VOC(ppb)、温度(℃) 、湿度(%) 、照度(lx)、UV(INDEX)、気圧(hPa)となっており、開始から30秒ほどですべての測定が完了する。

自動計測のデータは、グラフで確認できるほか、ログをCSVファイルにしてメール送信することも可能。また、指定レベルを超えるとブザーや通知センターでおしらせするように設定しておくと、目では見えない状態の変化に気づくことができる。

自動計測中はスマホを接続していなくても定期的に計測され、本体を設置して長期的にデータ収集、レベル監視をおこなう「環境モニタリング」が可能。オフィスの快適性管理をおこなう企業、保育施設や病院、揮発性化学物質を扱う自動車整備や内装工事などの作業現場などに活用できる。

スマホが手元にない環境では、本体背面のボタンを押すことでスポット計測をおこない、前面LEDの6段階表示で確認することができる。



■REX-BTPM25V

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

デジタル家電に関連した記事を読む
・VICSセンター、VICS WIDE大雨エリア情報の対象地域を拡大
・JAPANNEXT、27型ワイド 4K液晶ディスプレイ HDMI 2.0 HDCP2.2 60HzFreeSync「JN-IPS2700UHD」を発表
・80年代を代表するローランド初のフルデジタル・シンセサイザー「D-50」を再現
・欲しい時にすぐ氷が作れる 場所を取らない最小クラスの小型高速製氷機
・Androidスマホ、Windowsパソコンの両方で使えるカメラ先端径5.5mm径内視鏡