iTunes 12.7ではApp Storeが削除され、アプリを管理する機能がなくなりました。

PCからiTunesを経由して、iPhoneにアプリを同期する方法も削除されたかのように思われましたが、実はある方法で同期できます。

ドラッグ&ドロップでiPhoneに同期

iTunesのサイドバーに表示されるiPhoneに、アプリをドラッグ&ドロップすると同期できます。


手順1:PCに残っているアプリを探す

iTunesからアプリが消えても、iTunesライブラリにはファイルがまだ残っているはず。そこで、まずは残っているアプリを探します。

iTunesライブラリの探し方は、Appleのウェブページでご覧ください。

iTunes メディアファイルを探して整理する - Apple サポート

「iTunes」→「iTunes Media」→「Mobile Applications」フォルダを開くと、その中にバージョンアップ前にダウンロードしていたアプリが残っています。

手順2:iPhoneをPCに接続

LightningケーブルでPCと接続しましょう。


手順3:iPhoneにドラッグ&ドロップ

PCでiTunesを起動。サイドバーに表示されている「iPhone」に、先ほど見つけたアプリをドラッグ&ドロップします。


このときの画面は「ミュージック」・「ムービー」・「テレビ番組」など、どれでも構いません。アプリをiPhoneにドラッグ&ドロップするだけです。

iPhoneのボタンをクリックし、iPhoneのシリアル番号を確認したり、バックアップが行えたりする画面ではドラッグ&ドロップしても同期できません。

iTunesから同期する方法の問題点

同期はできますが、アプリの管理機能そのものがiTunesにはないので、iTunesだけでアプリをアップデートする方法がありません。iPhoneに同期後、App Storeアプリで最新版にアップデートする必要があります。

アプリの削除も、iTunesからはできません。

PCにあるアプリを消してしまった場合、iTunesからApp Storeにはアクセスできなくなったので、再ダウンロードする方法がありません。必要なアプリはバックアップしておきましょう。

参考

What to Do Now That You Can’t Sync iOS Apps Using iTunes - Lifehacker