樋口新葉【写真:Getty Images】

写真拡大

ロンバルディア杯、SPで自己ベストを2.85点更新「上手く70点を超えられた」

 フィギュアスケートのロンバルディア杯・トロフィー(イタリア)が14日(日本時間15日)に開幕。樋口新葉(日本橋女学館高)は、今季初となる国際試合のショートプログラム(SP)で、自己ベストを2.85点更新する74.26点で首位に立った。演技後には、ジャンプやの出来を振り返りつつ、ステップについて「自由に滑れるようにしたい」と語っている。

 SP後の一問一答は以下の通り。

--SP74.26点という結果を振り返って。

「ミスはなかったんですけど、ルッツなどがいつものように流れがあるように跳べなかったので、そこが点数が出るまでは怪しくて。あとはピンとかステップは、レベルを取れたかなと思っています」

--これだけの点数を予想していたか。

「全然。まだ何も整理できていないですけど、上手く70点を超えられたかなと。3-3とか課題もある中で74点。また次に向けて、新しい課題が見つかったなと思います」

--ジャンプの目標は達成できたか。

「やっぱり3-3でひとつ目のルッツが終わった時に、ヤバイって思ってたんですけど、失敗しないように、何がなんでもつけるというふうに練習をしていたので、その成果が出たと思います」

新SPの魅力は出だしの演技とステップ「結構自分らしいと思う」

--ジャンプまでは丁寧、ステップからは弾けていた印象。

「ジャンプの入っているところは曲調も静かな部分。そこは、ステップを目立たせるために大人しく滑るということは意識しています」

--今回のSPの魅力、見所は。

「出だしの最初のポーズから、アクセルまでのところと、スピンの後にゆっくりジャッジにアピールするところ。あと、ステップは自分の中ですごく意識していて、疲れてきた時にこそ、最後のステップとか思い切り滑っているので、何も考えずに滑れている気がします」

--自分らしいか。

「結構自分らしいと思います。昨年、一昨年と練習してきたことがだんだん身についてきて、つながっているところもあるし、自分のいいところを、そのまま今年のプログラムに出しているっていうのもあるので、もっともっといろんなことをやっていけば、さらにいろんな自分らしいプログラムを作れると思います」

SP首位で「安心して滑れる」が冷静に意気込み…「フリーはフリーの課題がある」

--国際大会で良いスタートを切りたいと言っていた。

「思ったよりも、最初から最後まで、落ち着いて滑れて、体もよく動いていた。今日はとりあえず良かったかなと思うので、明日気負わないように、しっかりと、そしていつも通り滑れたらいいなと思います」

--フリーに向けては。

「3-3、ふたつ失敗しないようにというのと、上手く休むところは休む形にしたいと思います」

--トータルで200点の目標には良い出だし。

「ショートで点を稼いだという意味では、すごく安心して滑れるんですけど、ショートはショートの課題、フリーはフリーの課題がある。それを達成するために、今までの練習が気持ちを分けていくと思うので、しっかり集中してやっていきたいなと思います」