所属選手の香川をスカウティング!? ユナイテッドOBの“勘違い”発言が英国で話題

写真拡大

ネビル元コーチがチームにいたはずの香川を「ドルトムントでスカウトしていた」と発言

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、偉大なる名将アレックス・ファーガソン監督に請われ、2012年から14年までプレミアの名門マンチェスター・ユナイテッドでプレーした。

 ファーガソン監督退任に伴い、就任したデビッド・モイーズ、ルイス・ファン・ハール前監督の独特な戦術にフィットし切れず、14年8月にドルトムントに復帰することになったが、この度ユナイテッドOBが香川に関する事実誤認が発覚。イングランドで反響を呼んでいる。

「私がマンチェスター・ユナイテッドにいた時には、ボルシア・ドルトムントの選手のスカウティングを続けていた。カガワ、ロイスのような選手を、だ。レバンドフスキも常に注目していたが、彼には疑問符もついていた」

 英公共放送「BBC」の「ラジオ5ライブ」でこう語ったのは、現役時代に長らくマンチェスター・ユナイテッドでプレーした、元イングランド代表DFのフィリップ・ネビル氏だ。

 ネビル氏は現役引退後、13年7月にユナイテッドのコーチに就任。モイーズ政権時に、聖地オールド・トラッフォードのベンチに鎮座していた。当時、香川はユナイテッドの一員だったが、チームにいたはずの香川をドルトムントでスカウティングを進めていたという事実誤認をネビル氏は明らかにしてしまったのだ。

香川に思わぬ形でスポットライトが…

 OBで元コーチングスタッフでもあるネビル氏の“勘違い”を、地元メディアも見逃さず。英紙「マンチェスター・イブニングニュース」は「マンチェスター・ユナイテッドの失敗作デビッド・モイーズは多くの選手をスカウトしていたが、フィル・ネビルはシンジ・カガワについて奇妙な主張をしている」と報じている。

 13日に聖地ウェンブリーで行われたUEFAチャンピオンズリーグ第1節のトットナム戦でアシストを決めるなど、イングランドサッカー界にインパクトを残した香川だが、OBの“珍回答”によって思わぬ形でスポットライトを浴びることになってしまった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images