レアル・マドリーに所属するマルセロ【写真:Getty Images】

写真拡大

 レアル・マドリーが14日、チームに所属する29歳のブラジル代表DFマルセロとの契約を更新したと発表した。契約期間は5年間で2022年7月までとなっている。

 マルセロはブラジル1部フルミネンセの下部組織で育ち2006年にトップチームへ昇格。すぐに複数のクラブから関心を示され、2007年にはマドリーに移籍している。加入初年度は6試合の出場だったが、2年目のシーズンは公式戦32試合に出場した。

 これまで、リーグ優勝に4回貢献しチャンピオンズリーグ(CL)優勝も3回経験している。他にも多くのタイトル獲得に貢献するなど、今やマドリーに欠かせない選手となった。今季は公式戦7試合に出場している。

text by 編集部