北朝鮮が地下で水爆実験を行ったとする北東部の豊渓里にある核実験場(2017年9月4日入手)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】北朝鮮が今月3日に行った核実験について、米戦略軍(STRATCOM)のジョン・ハイテン司令官が水爆だと「推測」していることが分かった。米紙ディフェンス・ニュース(Defense News)が14日、報じた。

 北朝鮮は水爆実験に成功したと発表したが、欧米各国は検証に前向きではなく、米高官もこれまでは北朝鮮の主張を否定する材料はないと述べるにとどまっていた。

 今回のハイテン司令官の発言は、北朝鮮が行ったのは水爆実験だったと米国が追認したも同然といえる。

 ハイテン司令官は「私は問題の実験を目撃し、実験からもたらされた事象も見た。その(爆発の)大きさや、報告も確認した。その結果として、あれは水爆だったと私は推測している」と述べた。
【翻訳編集】AFPBB News