「90歳でもLINE使いこなせる説」シニア世代のスマホ事情を調査してみた
4人に1人がシニア世代の日本。おじいちゃんおばあちゃんは、スマートフォンをどう使っているのだろうか?もうすぐ敬老の日ということで、東京・大阪にて2000人のシニア世代に街頭インタビューをした調査動画が公開された。

【YouTube】おじいちゃんおばあちゃんのLINEが面白い問題www

動画を制作したLINE社では、LINEのリアルな利用シーンを紹介する『LINE みんなの物語』という動画シリーズを展開しており、今回はその第三弾となる。

動画では7人のシニアが登場し、笑いあり泣きありのLINEエピソードを披露。

例えばこの方、おじいちゃんと呼ぶにはまだまだお若い印象。一週間前からLINEを使い始めたという。



LINEを始めた理由は、「孫と話したいから。」



お孫さんとのやりとりを楽しまれているようだが、「LINEをはじめてよかったことは?」と聞くと「相撲のスタンプ」と即答。



かわいい力士のスタンプだ。



一週間前にLINEを始めたばかりと言うが、もう自分好みのスタンプを購入して使いこなしている。

こちらは御年90歳のおじいちゃん。



お孫さんと、LINEで「なぞなぞ」を楽しんでいるという。



誤字もスルーで正解としてくれるお孫さん。温かい。

他にも、自撮りを連投している方や、




娘さんお手製の、無料通話の使い方メモを持つおじいちゃん。



若者のLINEとは少し違うが、見事にLINEを使いこなしている。

インタビュー中に娘さんからLINEが届いたお母さん。







温かいメッセージに思わず涙ぐむ。

LINEの1メッセージだけでも、こんな風に人を喜ばせることができるのだ。



どの方も、嬉しそうに家族や孫とのやりとりを紹介してくれているのが印象的だった。

9月18日は敬老の日。おじいちゃんおばあちゃんは貴方からの「いつもありがとう」を心待ちにしているかもしれない。


なお、LINE社では全国の60歳-74歳を対象にした、LINEの利用実態調査の結果を「LINEリサーチ公式ブログ」にて公開している。

[PR企画 提供:LINE]