大型のハリケーン「イルマ」が直撃した米フロリダ州。

同州アラチュア郡のゲインズビルにある警察にも電話が殺到した。

といっても、ハリケーンで被災した市民からではない。その大半が女性だった。

ゲインズビル警察にじゃんじゃん問い合わせが入った原因は、署員が自撮りしFacebookに投稿した写真である。

それがコチラ▼

Gainesville Police Department/Facebook

Nordman、Hamill、Rengeringの巡査3名も、イルマに備えて準備万端。

投稿には当初この様に綴られており、ハリケーンに対する同警察の万全の備えをアピールし、市民を安心させるべく努めている。

しかしご覧のとおりこちらの3人の巡査、揃いも揃ってイケメンばかり。これには世の女性たちが黙っていなかった。

同投稿には46万人が「いいね!」などし、シェア数も25万件を超え、また複数の海外メディアもこぞってこれを取り上げ話題に。

女性たちから以下のようなコメントが寄せられた。

・「何が起こるかわからないから、下着だけはいつもきれいなものを身につけなさい」と祖母が言っていた理由がわかったわ。

・ゲインズビルの不動産物件をあたろうかしら。

・今すぐ911(日本の110番)に電話します!

・私を逮捕して下さい!

・庭の木倒そうかな…

・オーストラリアから会いに行きます。

・彼らが来たら心臓止まっちゃうから、救助には他の人が行った方がいいのでは?

・裸見せてカレンダーを出すべきよ!

この様なコメントが殺到し、実際に署に電話する人も相次いだようだ。

同投稿は後に更新され、新たなメッセージが追加されている。

1.一部のコメントは、私共の署長を赤面させております。

2.巡査の妻らは、夫のモテモテぶりを楽しんでいるようです。

3.ちなみに、一番右のヘアスタイルが決まっているRengering巡査は「独身」です。

4.ただ同巡査は彼自身の身の安全を図るべく、証人保護プログラムに関わる仕事をしています。

5.911に電話し、個人的な用件で3人を指名して出動を要請するのは控えてください。

6.いずれカレンダーでも出すことになるかもしれません。

本当に多くのコメントをいただきありがとうございます。カレンダーの件は早急に対応し、集まった資金をハリケーン「イルマ」の復興支援に充てられればと考えております。