『アルファベットチョコ』など世代を超えて愛されるおやつを手がける名糖産業が、同じくどの世代にも愛される国民的ヒーロー・ウルトラマンとコラボ。『ウルトラマンゼリー』は、粉を溶かした2つの液体を混ぜることで色が変わってゼリーへと“変身”するという、作って楽しく食べて美味しい商品だ!

 

■往年のウルトラヒーローから最新のウルトラマンも登場!

名糖産業『ウルトラマンゼリー』(内容量 怪獣のこな4g/ウルトラマンのこな3g・参考価格 税抜198円・2017年9月4日(月)発売)は、パッケージと味がそれぞれ3種類で登場。どの味が入っているかは分からず、「ひみつの味」となっている。

 

1966年に放送開始された初代ウルトラマンを中心に、セブン、ジャック(帰ってきたウルトラマン)、エース、タロウたちが集結した1つ目の赤のパッケージは、当時夢中で憧れたお爺ちゃん・お父さん世代も思わず手に取りたくなるもの。

2つ目のウルトラセブンの息子であるウルトラマンゼロが中心に描かれた青のパッケージ。90年代に放送された平成ウルトラマンことティガ・ダイナ・ガイアの3体に、2000年代放送のコスモスとメビウスも登場している。

 

若いお父さん世代が子どものころに触れていたヒーローたちだ。

そして3つ目の2017年から放送開始している新ヒーロー・ウルトラマンジードが中心の緑のパッケージ。

 

ビクトリー、エックス、ギンガ、オーブといった近年のウルトラマンたちが描かれている。男の子たちが手に取りたくなるカッコ良さだ。

 

 

■繰り返し使えるカップで、ゼリーに変身させよう!

中にはウルトラヒーローたちがデザインされたカップと、怪獣のこな・ウルトラマンのこなが入っている。全3種類のカップは、ゼリーを作った後でも繰り返し使用できるものだ。

 

ランダムで封入されているオレンジ味・ピーチ味・いちご味のゼリーを作れる粉の袋には、デフォルメされたイラストが。イラストはウルトラマンのこな、怪獣のこなにそれぞれ8種類ある。

 

往年の怪獣たちの話題で、親子でゼリーを作りながら盛り上がれるだろう。

 

作り方はパッケージ裏面に書かれている。

用意するものは家のコップ1つとスプーン、お水。

手順通りに、怪獣のこなを入れた液体をつくる。

怪獣のこなを溶かした液体、今回は緑色。

そこへ、ウルトラマンのこなを溶かした液体を混ぜると……

色が変わっていく!

すばやく20回かきまぜると、ゼリーへ“変身”していくのだ。

 

そして…5〜10分冷蔵すると、変身完了! 簡単にゼリーが出来上がる!

合成着色料と保存料を使用していないので、小さいお子様でも安心して食べることができる。

自分の手で美味しいおやつを作れる『ウルトラマンゼリー』。ぜひウルトラマンファンの親子で一緒に楽しんでほしい。