バイエルンを撃破したホッフェンハイム【写真:Getty Images】

写真拡大

ホッフェンハイム対バイエルン戦、ボールボーイを“起点”に

 サッカーにおける「アシスト」は選手同士のコンビネーションによるものが通例だが、ドイツ・ブンデスリーガで異色のゴール演出が飛び出した。ボールボーイが手渡したボールからわずか3.5秒で得点が生まれ、リーグが公式Youtubeチャンネルで「アシスト・ザ・マッチデー」として紹介。あまりの展開にファンにも大きな反響を呼んでいる。

 驚きのプレーが飛び出したのは、ブンデスリーガ3節のホッフェンハイム対バイエルン戦だった。

 前半28分、バイエルンのドイツ代表DFマッツ・フンメルスがサイドライン際でボールをクリアするも、ラインを割っていたとしてホームのホッフェンハイムボールに。すると、FWアンドレイ・クラマリッチは近くにいたすかさずボールを要求。ボールボーイからの“迅速なパス”を受け取ると、フンメルスが視線を外している間に、ゴール前に飛び込んできたFWマルク・ウートへと渡り、走りながらの左足アウトサイドシュートで華麗に先制ゴールを陥れた。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」電子版によれば、ボールボーイを務めていたのはホッフェンハイムのU-14に所属する13歳のウムート・トフムク君。ボールボーイを“起点”にゴールが生まれ、ブンデスリーガは公式Youtubeチャンネルに「ホッフェンハイムのボールボーイがバイエルン戦勝利の手助けを買って出た」とのタイトルで動画を公開し、「なんてシーンなんだ! ホッフェンハイムとバイエルンのビッグマッチで一人のボールボーイが先制点をもたらす重要な役割を請け負った。ボールが外に出てスローイン、そしてゴール。ホッフェンハイムは彼に何よりも感謝を抱いている」とつづった。

ブンデスリーガ選出の「アシスト・ザ・マッチデー」となるなどファンに衝撃

 映像内では、「アシスト・ザ・マッチデー」にこのプレーが選ばれたこと、スローインからゴールまでわずか3.5秒だったことが紹介されており、ファンも「なんて痛快なゴールだ!」「バイエルンを沈めたのが、まさか1人の少年だったとは…」「世界屈指のフンメルスは、ピッチ外の人物への注意を怠った」とコメント。滅多にお目にかかれないプレーだったことに加え、リーグ6連覇中の王者バイエルンが少年の“アシスト”から喫した失点を含め、0-2で敗れたことの衝撃は大きかったようだ。

 勝利したホッフェンハイムは2位に浮上し、バイエルンは6位に後退。電光石火のゴールを呼んだこのプレーは、ホームチームにとっては“恵みのアシスト”、アウェーのバイエルンにとっては“悪夢のアシスト”として記憶に刻まれるだろう。