フランクフルトモーターショーで「アヴェンタドール S ロードスター」を披露しているランボルギーニが、2017年12月4日に本拠地のサンタアガタ・ボロネーゼにおいて、同社初となる「SSUV=スーパー・スポーツ・ユーティリティ・ビークル」を明らかにすると発表しました。

ネーミングは、以前から噂されていた「ランボルギーニ・ウルス」。SUVの可能性を探り、SUVにランボルギーニならではの新たな基準を打ち立てるとしています。

SUVを新たなステージに引き上げるという、並外れたパフォーマンスのみなら ず、多目的性とラグジュアリー感が際立ちます。SUVの特徴に加えて、同社のDNAを感じさせるダイナミックなスーパー・スポーツカーのデザインを融合させているそうです。

スポーツカーで「飯を食ってきた」ポルシェが2002年にカイエンを投入してから約15年。いまではベントレーやマセラティ、ロールスロイスまでSUVを市販化、もしくは登場も近いと噂されています。

なぜ、スポーツカーメーカーや超高級ブランドまでがSUVをリリースするのでしょうか。

すでに手元にあるプラットフォームやアーキテクチャを土台にSUVに仕上げられるうえに、ベース車よりも付加価値を高めることで「より儲かる」クルマになり、しかも売れる。メーカーにとっては大型化(重量増)による燃費悪化(エミッション)の問題があったとしても美味しいわけです。

(塚田勝弘)

【関連記事】

650馬力が唸るのに「ニュル最速」SUVを狙わない!? ランボルギーニ・ウルスに秘められたワケとは?
https://clicccar.com/2017/08/18/502179/

【フランクフルトモーターショー2017】クーペと同等の速さと色気を備えた、アヴェンタドールSロードスターが公開
https://clicccar.com/2017/09/12/509893/

ランボルギーニ、お前もか!? 2017年12月に初のSUV「ランボルギーニ・ウルス」を発表(http://clicccar.com/2017/09/15/511436/)