KREVAが出演者たちと作り上げた最高の“居場所” 『908 FESTIVAL 2017』レポ

写真拡大

 KREVA主催のイベント『908 FESTIVAL 2017』の東京公演が9月8日、日本武道館で行われた。今年で6年目を迎えた『908 FESTIVAL』は大阪城ホール、日本武道館で開催。KREVAにとってはKICK THE CAN CREW主催の『復活祭』に続く2日連続の武道館のステージとなった。三浦大知、MIYAVI、久保田利伸、AKLO、絢香など圧倒的なスキルを備えたアーティストが登場し、この日限りの超レアな共演が数多く実現した。

(関連:MIYAVI、KREVA&三浦大知と迎えた15周年ツアーファイナル 「変わらず突き進んでいくだけ」

 開演時間の18時30分ジャスト、ステージの中央に設定された階段の上にKREVAと三浦大知が登場。2人揃って“K”サインを掲げるとオープニングナンバー「全速力 feat.三浦大知」を披露する。スピード感溢れるトラックとともに三浦のボーカル、KREVAのラップが絡み合い、会場のテンションは一気に上がる。さらに2人は客席に降りてアリーナを1周。ステージとフロアの曲をグッと近づけてみせる。

 その後もインターバルを開けることなく、次々とゲストアーティストが登場、圧巻のステージが繰り広げられる。まずはMIYAVI。タッピングとピックを使い分けながらパーカッシブかつメロディアスなプレイを炸裂させ、「STRONG」ではKREVAのラップ、「Dancing With My Fingers」では三浦のボーカル/ダンスと刺激的なコラボレーションを実現。続く久保田利伸は「M☆A☆G☆I☆C」をKREVAとともに歌い上げ、武道館を濃密なグルーブで包み込む。さらに「『M☆A☆G☆I☆C』はサンプリングで作ってるんだけど、そこにいる柿崎さん(柿崎洋一郎/Key)と、アニキのツアーに参加してるシンガーのYURIさんが歌ってるフレーズを使っていて。それはアニキが“そうしたらいいよ”って言ってくれたんだよね。KICK THE CAN CREWの新曲『千%』も同じ方法で作ってるから、アニキがいなかったら、あの曲できてないかもしれない」(KREVA)というコメントを挟み、「BETWEEN THE SHEETS」へ。久保田が生で歌うR&BクラシックのうえでKREVAが「K.I.S.S.」のラップを乗せる。それはヒップホップというアートフォームの起源を感じさせてくれるような、きわめて貴重なシーンだった。80年代を席捲したリズムマシンの名器「TR909」「TR808」の復刻版を使用したビートアレンジも最高だ。

 続いてAKLOのステージへ。ドープなトラックをフィーチャーした「McLaren」で始まり、「Catch Me If You Can feat. KREVA」ではKREVAとともにラップバトルを交わす。さらにJAY’EDを招き入れ、「Different Man」を披露。奥深いブラックネスを含んだこの曲はAKLO×JAY’ED名義でリリースされた1st EP『Sorry…come back later』に収録されたナンバー。現行のUSヒップホップとリンクしたトラックのなかでメロディとラップが有機的に混ざり合うこの曲は、現在の日本の音楽シーンの充実ぶりを象徴していると言っても過言ではない。

 「想い出の向こう側」をAKLO、JAY’ED、KREVAでセッションした後は、ひとりで舞台に残ったKREVAは「昨日からここでハジけてたからさ、いまさら一人になって、寂しくなってきちゃったな」と「くればいいのに」を歌い始める。そこに絢香が姿を見せ、ソウルフルな歌声を響かせる。さらに2人は、この日のために作ったという新曲「Glory feat.KREVA」を披露。まさに“絢香節”と呼ぶべきドラマティックなメロディとKREVAの強靭なラップがひとつのなったバラードナンバーだったのだが、“現状を打破し、自分の手で栄光を掴み取りたい”というメッセージを含んだ歌は、絢香とKREVAのそれぞれの軌跡とも重なり、強い感動を生み出した。

 三浦大知、MIYAVI、AKLO、JAY’ED、絢香。ジャンル、音楽性はまったく異なるが、全員に共通しているのは、独自のスタイルと高いテクニック、豊かな表現を兼ね備えているということ。誤解を恐れずに言えば、KREVAはおそらく、彼自身を感動させ、刺激を与えてくれるプロフェッショナルにしか興味がない。彼の基準による“最高のプロフェッショナル”が集結するのが『908 FESTIVAL』の最大の魅力であり、観客は必然的に日本最高峰のパフォーマンスを目の当たりにすることになる。出演者の個性とセンスを存分に活かしながら、イベント全体をシームレスに構成・演出するKREVAの手腕も素晴らしい。

 ステージには教室のセットが用意され、始業のベルとともに先生役のKREVAが登場、「ライミング講座」が始まる。生徒役はマジメな風紀委員の三浦大知、イケイケの帰国子女AKLO、帰国子女だと思われがちな関西人JAY’ED。さらに転校生役の絢香、用務員役の久保田も加わり、KREVAの指導のもとライミング(韻の踏み方)についてのレクチャーが行われる。“単語を母音に分解、それに合わせてすべて韻を踏むのが基本”など内容はかなり本格的。全体的にはコント仕立てだが、根底に“ヒップホップの基本を正確に伝えたい”という意思があることは間違いないだろう。

 ここからイベントは後半戦へ。まずはKREVAが新しい機材(MIDIコントローラー/64個のボタンがあり、それぞれに個別の音を収録)を使って、ボタンを押しながら歌う“押し語り”を披露。「新しいことをやるときは自分の曲がいいんだろうけど、今日は大事な男に捧げます」とコメント、三浦の「Delete My Memories」を歌い上げる。KREVAと三浦の絆の強さを実感させる場面のあとは、いよいよ三浦のステージ。「(RE)PLAY」「EXCITE」を4人のダンサーとともにパフォーマンスし、観客のテンションを一気に引き上げる。シンクロ率の高いダンス、そして、バウンシーなリズムを活かしながら、起伏の激しいメロディを描き出すボーカル。この2曲を観ただけでも、彼が日本のエンターテインメントシーンのトップにいることがはっきりと感じられた。三浦が『908 FESITVAL』に出演しはじめた頃は“三浦の才能を認めたKREVAがフックアップしている”という印象もあったが、いまや彼は押しも押されぬトップスター。このイベントが三浦大知のブレイクのきっかけのひとつになったことに異論の余地はないだろう。

 ラストはもちろんKREVAのステージ。鬼気迫るテンションで「基準」を放ち、驚異的なスキルを改めて見せつける。「王者の休日」には絢香と三浦、「蜃気楼」にも三浦が参加し、さらに充実したコラボレーションが実現する。

 ここでKREVAは改めてオーディエンスに向かって呼びかける。「クレバの日、最初は冗談だったんだよな。9月8日はクレバの日って、俺たちが勝手に決めたものだったんだけど、正式に“クレバの日”として認められて、それがみんなの日になりました」「この場所は、言って、動いて、自分たちで作った俺たちの居場所なんだよ。だから“行くとこねえな”って言ってるヤツがいたら、こう言ってやってよ。あそこ行くと、懐の広いヤツがいる場所があるよって。これからもいろんなところに出向いていって、俺たちの居場所を広げていこうと思います」

 その直後に披露された「居場所」の〈壁を動かせ/守るだけじゃ増えない居場所〉というライン、そして「スタート」の〈そうだ第2章を今ここで始めよう〉というフレーズは、今年の『908FESTIVAL』を象徴していると同時に、さらなる未来へ向かう意志を示唆していたのだと思う。久保田利伸をフィーチャーした「音色」を挟み、「Na Na Na」へ。オーディエンスの大合唱が巻き起こるなか、イベント本編はエンディングを迎えた。

 この時点で既に3時間オーバー。再びステージに登場したKREVAは「時間がやばい。2曲聴いてもらいたいから、急いでやります!」とMIYAVI、三浦とともに三浦の曲「Your Love」を披露。さらに出演者全員を招き入れ、「全速力」のリミックスバージョンを放つ。スピード感に溢れるビートに導かれるように、観客のテンションも最高潮。心地よい達成感ともにイベントは終了した。音楽シーンを代表するアーティストとともに、ジャンルを超越した良質な音楽を提示した『908 FESTIVAL 2017』。ヒップホップアーティストとしてのプライドを持ち続け、様々なアーティストと関わりながら、誰もが楽しめる音楽を生み出し続けるKREVAの重要性を再確認できる意義深いイベントだった。(文=森朋之/撮影=岸田哲平、中河原理英)