芸能人にたいして「写真では綺麗な人だと思っていたのに、テレビで喋っているのを見たら何だか印象と違った」なんてことありませんか?

それだけ人の印象って、話し方によって大きく変わってしまうみたい。
そこで今回は「男性が苦手だと思う女性の話し方」についてリサーチしてみました。

1、口調が威圧的

・「話していて圧が強い子っているよね。見下されている感じが、男からすると怖くなってしまいます」(26歳/印刷)

・「『○○じゃね?(笑)』みたいな少し言葉遣いが悪い子が苦手。気が強そうだなと思う」(30歳/営業)

特にギャルっぽい口調だったり、オラオラ感が漂う話し方だと相手に威圧感を与えてしまうみたい。自分にはそんな気がないのに、勝手に怒っていると思われてしまう場合もあります。相手にたたみかけるような喋りかたや、上から目線な口調はやめたほうが良さそうです。

2、ジェスチャーが激しめ

・「オーバーすぎるジェスチャーをする子は、一緒にいて恥ずかしくなる」(27歳/住宅)

・「『あれだよあれ!』とか言いながらジェスチャーで表現されても意味がわからない。むしろその言動がおばさんっぽく見えちゃいます」(25歳/医療系)

たまに身振り手振りが激しい女性っていますよね。ちょっとくらいのジェスチャーであれば男性からも「かわいい」と思ってもらえるでしょうが、あまりにもブンブン手を振り回しすぎてしまうとおバカキャラ認定されてしまうかも。言葉に詰まったときは無理やりジャスチャーで押し通そうとするのではなく、「喋っているうちにわからなくなっちゃった(笑)」と返したほうが、男性にはドキッとしてもらえるかもしれません。

3、喋るときにイヤそうな顔をする

・「眉をしかめたような喋りかたをする子はちょっと怖い。話す気なくしちゃいますね」(29歳/飲食)

喋るときって表情もすごく大切! クセで話すときに顔を歪ませてしまうと、男性陣から「機嫌悪そう……」と思われる原因になってしまいます。こちらは自覚がなくやっている場合が多いと思うので、まずは鏡越しに自分が喋っている顔をチェックしてみると良いかも。また会話中に口を尖らせたり、眉間にシワを寄せたりするのは避けるようにしましょう。

おわりに

話し方って自分のクセや性格が結構現れるもの。
でも持って生まれた声などと違い、意識するだけでより良く変えることができます。
男性に好印象を持ってもらうためにも、見た目だけじゃなく話し方にも気を配ってみましょう!(和/ライター)

(愛カツ編集部)