▽日本サッカー協会(JFA)は15日、東海学園大学サッカー部FW榎本大輝(21)を、13日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先のFC岐阜も発表している。

▽榎本は千葉県出身で、中央学院高校から東海学園大学へと進学している。岐阜は榎本について「独特なリズムのドリブルとスピードでサイド突破を得意とするアタッカー」とプレーの特徴を紹介している。背番号は「29」。榎本はクラブを通じてコメントしている。

「今回特別指定選手としてJリーグのピッチに立てる機会をもらい、試合に少しでも多く関わっていけるように自分自身をレベルアップし自分の特徴を出してチームの勝利に貢献できるよう精一杯頑張っていきたいです。よろしくお願いします」

▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。