東京五輪サッカー競技の大陸別出場枠が発表になった

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)は14日、2020年に行う東京五輪のサッカー競技における大陸別出場枠を発表した。16チームが争う男子は、ホスト国の日本を含むアジア(AFC)が4枠。欧州(UEFA)の4枠とともに最多となった。

 その他、アフリカ(CAF)に3枠、北中米カリブ海(CONCACAF)と南米(CONMEBOL)に2枠、オセアニア(OFC)が1枠となった。

 12チームで争う女子も、ホスト国の日本を含むアジアと欧州が3枠で最多。北中米カリブ海が2枠、アフリカと南米が1.5枠でオセアニアに1枠が与えられている。