出典:shutterstock.com

男性と食事に行ったら、当然女性は奢ってもらうべき! と思っている人は多いもの。でも、食事を奢ってくれるのは、あくまでも男性の優しさであり、気遣い。せっかく奢ってくれるのに、お礼を言わなかったり男性への気遣いや配慮が欠けているような行動をしたりしていると、「この子には奢りたくないなぁ」「2度と食事には誘いたくない!」と思われてしまいますよ〜。
そこで今回は、「男性が奢ってあげたくなる女性の特徴」についてご紹介したいと思います。男性と食事をするときは、ぜひ参考にしてみてくださいね!

美味しそうに食べる





出典:shutterstock.com

当たり前のことですが、せっかくの料理を前に、ただ黙々と食べる人よりも、味や見た目の感想を言ったりニコニコしながら食べたりした方がその場が楽しくなります。そんな女性なら、男性側も、きっと気持ちよく奢ってくれますよ。

たくさん食べる





出典:shutterstock.com
「少食の方が男性にモテる」と勘違いしている女性が多いようです。でも、大抵の男性は少食の女子との食事を嫌がります。その理由は、「ちまちま食べていてイライラする」「すぐにお腹いっぱいと言い出すのでこちらが食欲をなくす」「食に興味がない人と食べていても楽しくない」など。反対に、「たくさん食べる女性の方が好印象」という男性は多く、「たくさん食べてくれて気持ちいい」「パクパク食べている姿がかわいい」などといったことが理由のよう。

お腹いっぱいになって満足してくれると、一緒にいる男性も満足しますし、奢り甲斐があると感じるようですね。

「お礼+α」の言葉を言える




出典:shutterstock.com

「ありがとう」というだけなら誰でも言えます。だからこそ、ありがとうと言うだけでは、男性に「この子と食事して楽しかったな」や「また奢りたいな」と思ってもらうのは難しいものです。

そこで、今日の食事に対する感謝の気持ちを込めて「ありがとう」に続く+αの言葉をつけ加えてみましょう。「美味しいお店に連れて言ってくれてありがとう」「すごく楽しい時間を過ごせて嬉しかった。ありがとう」など、特別なことを言う必要はなく、素直な気持ちを伝えるだけでいいんです。

ちなみに、筆者なら「すごく楽しかったから、もう1杯だけ飲みに行かない? そこは私が奢らせてね」と言います。男性への感謝の気持ち、奢ってくれたことへのお礼も兼ねて、奢ってもらう額よりは少ないけれどこちらの誠意も見せるようにすれば、男性はまた今度奢ってあげたいなと思ってくれるそうですよ!

こちらがそのつもりはなくても、男性によっては、今までの経験上「女性はみんな、奢ってもらって当然だと思っている」という思いを抱えている人もいるものです。きちんとお礼を伝えたり、美味しそうに食べたりと、その場を楽しんでいることをしっかり伝えることで、男性は気持ちよく奢ってくれるようになりますよ!