GregHale1‏@GregHale1/Twitter

写真拡大

昨年行われた米大統領選挙では、日本でもこの人の顔を見ない日はなかったヒラリー・クリントン氏。

大統領にはなれなかったが、人々への細かい気遣いは未だ健在と話題となっている。

というのも先日、ニューヨーク・マンハッタンにある書店の前では、ヒラリー氏の新著の発売と、それに伴うサイン会を翌日に控え、徹夜で順番を待つ人の列ができていた。

夜はもう冷えるだろうし、お腹も空くでしょう…と考えたヒラリー氏は、熱心に自著の発売を待ってくれる読者のためにピザを差し入れた。

突然の差し入れに驚き喜ぶ人々。

GregHale1‏@GregHale1/Twitter

この様子を伝えるツイートも。

ヒラリーのサイン会を前に既に行列が。

書店の前でヒラリーのサイン会のために並んでいたら、ピザを差し入れていただきました。

これには、「ステキ!だからヒラリー大好き」「ピザの箱にもサインもらえば?」「羨ましい!私も行きたかった」「やることが一流」と称賛の声が続出した。

これに対し、ヒラリー氏自身もTwitterでこう声をかけている。

どうぞ召し上がれ!明日会いましょう!