ICD-TX800

写真拡大

 ソニーは、いつでもスマートに録音できる、正方形デザインのステレオICレコーダー「ICD-TX800」を10月7日に発売する。カラーは、ブラック、ホワイトの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は2万円前後の見込み。

 手のひらにすっぽり収まる小型・軽量サイズで、背面のクリップで、服やバッグなどに手軽に取り付けられる。本体の録音ボタンを使った操作に加え、本体と同じ幅・高さの付属リモコン、スマートフォン向けの録音専用アプリ「REC Remote」を使えば遠隔操作も可能。付属リモコンのストラップホールを備えており、ネックストラップなどに取り付け、手元で操作することもできる。

 内部で音声をダイレクトにデジタル信号へ変換する「高性能デジタルマイク」を搭載し、小型ながら高音質なステレオ録音を実現。本体の電源がオフの状態でも、本体録音ボタンを1回押すだけで録音が開始する「ワンプッシュ録音」のほか、状況に応じて最適な録音設定を選択できる「シーンセレクト」機能、録音環境に応じて自動で最適なマイク感度を設定する「おまかせボイス」機能など、多彩な録音機能を備える。

 メモリ容量は16GB。バッテリ駆動時間は最長約15時間で、約1時間でフル充電できる。サイズは幅38.0×高さ38.0×奥行き13.7mm、重さは約22g。付属リモコンのサイズは幅38.0×高さ38.0×奥行き10.8mm、重さは約15g。本体と付属リモコン、専用ヘッドホン接続ケースをまとめて収納できるキャリングケースが付属する。