ドルトムントSD、CL初戦の主審を批判 物議醸す判定「相応しいレベルではなかった」

写真拡大

CLグループステージ初戦トットナム戦、オーバメヤンのゴールがオフサイド判定

 日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間13日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ初戦でトットナムと対戦。

 完全に力負けした印象の試合となったが、ガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールがオフサイドの判定となった場面は物議を醸している。

 ドルトムントのミヒャエル・ツォルクSD(スポーツディレクター)は、試合を裁いたイタリア人レフェリーのジャンルカ・ロッキ氏を「この試合に相応しいレベルではなかった」などと痛烈に批判した。ドイツ紙「キッカー」が報じている。

 1-2とドルトムントが1点ビハインドで迎えた後半11分に問題のシーンが訪れた。MFマフムード・ダフードが中央右よりの位置からクロスを送ると、ファーサイドでDFの背後をとったオーバメヤンは上手く抑えを効かせた巧みなボレーシュートをゴール右隅に突き刺した。

 この場面でドルトムントの選手が3人ほどオフサイドポジションにいたものの、オーバメヤンはオンサイドから絶妙なタイミングで飛び出している。しかし、ロッキ氏は迷わずオフサイドと判定。CLではビデオアシスタントレフリー(VAR)が採用されていないこともあり、映像による検証も当然ないまま1-2で試合が再開された。

「誰も理解できない」と不満ぶちまける

 ドルトムントはその後にさらに失点。最終的に1-3と完敗でCL初戦を落とした。判定に納得できないツォルクSDはロッキ氏を痛烈に非難し、不満をぶちまけている。

「レフリーはこの試合に相応しいレベルではなかった。なぜオーバメヤンのゴールが認められなかったのか、誰にも理解できない」

 主審の実力に疑問符を投げつけたツォルクSDは「ゴールが決まっていたら試合がどうなっていたのかを見たかった」というコメントも残している。ロッキ氏はイタリアでもビッグゲームを担当することが多いが、不安定な判定から現地メディアでも批判に晒されることが少なくない。CLという大舞台でまたも波紋を呼ぶ判定となった。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images