画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年9月14日(以下すべて現地時間)、Windows Server 2016などのサーバーOSを管理する「Honolulu」を開発中であることを、公式ブログで明らかにした。GUI管理ツールはWindows 2000時代に登場した「Microsoft管理コンソール(MMC)」をベースに構築してきたが、現在では古い設計に引きずられる状態となっている。

そこでMicrosoftは、新たなGUI管理ツールプロジェクトである「Honolulu」を発表した。同社は対象となるOSを明言していないが、各種データを可視化し、複数のサーバーを比較するなど、IT管理タスクを容易にすると述べている。詳細は2017年9月25日から米フロリダで開催する「Microsoft Ignite 2017」のセッションで明らかにし、同時にHonoluluのテクニカルプレビューを公開するという。

阿久津良和(Cactus)