宇野昌磨、樋口新葉【写真:Getty Images】

写真拡大

宇野は自己ベストを0.01点、樋口は2.85点更新する好発進

 フィギュアスケートの国際大会ロンバルディア・トロフィーが14日に開幕した。男子ショートプログラム(SP)で宇野昌磨(トヨタ自動車)が自己ベストの104.87点でトップに立てば、女子SPでも樋口新葉(日本橋女学館高)が自己最高74.26点で1位。米スケート専門メディア「アイスネットワーク」は、「日本がロンバルディア杯の初日を支配」と好発進ぶりを報じた。

 今季初戦で、宇野が貫録の演技を見せた。ビバルディの四季より選んだ「冬」に乗せて、次々と技を成功させ、叩き出したスコアは自己記録の104.86点を0.01上回る104.87点(技術点59.17/演技構成点45.70)で首位。記事では「(宇野は)ショートでは3回転トーループと4回転フリップを成功させた。各要素のほとんどで22ポイントを獲得し、ベストを叩き出した」と伝えている。

 また、女子SPでは国内で2試合に出場し、今季初の国際試合に臨んだ樋口新葉(日本橋女学館高)は、バレエ「ドン・キホーテ」の曲「ジプシーダンス」で演技。冒頭のダブルアクセル、3回転の連続ジャンプも成功させるなど、自己最高を2.85点更新する74.26点(技術点40.86/演技構成点33.40)で1位。「ヒグチはプログラムのセカンドハーフで披露したトリプル・ルッツで最も高いポイント(12.17)を手にした。彼女は2.59ポイントのリードを持って金曜のフリーを迎える」と記されており、ジャンプで高得点を得たこと、地元選手の2位カロリーナ・コストナー(イタリア)に2.59点のリードを奪ったことを伝えている。

 SPで自己ベストを叩き出し、好スタートを切った宇野と樋口は、フリーでも世界のファンを魅了してくれるだろう。