漫画家を目指して日々絵を描いている人って意外と多かったりしますよね。SNSや画像投稿サイトには日々色んな人がイラストや漫画を投稿しています。そしてひとたび人気が出ると出版社さんからもお呼びが掛かったりして一気に忙しさもアップ! そんなとある漫画家さんが悲痛な(?)叫びを上げていました……。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

体験ルポ漫画で人気の漫画家・カメントツさん(@Computerozi)。主にWEBを中心に活動していますが、唯一紙媒体で連載している『ゲッサン』(月刊少年サンデー)の『カメントツの漫画ならず道』が終了することとなり、それにあわせてこのところ詰め込みすぎた仕事のスケジュールにも余裕ができ、やっと休みが取れると喜んでいたのです……が!届いた見本誌を見て「膝から崩れ落ちる」出来事があったそうです。
雑誌の後ろに載る作者の一言のページ、「今月で『漫画ならず道』最終回となります。短い間でしたがお世話になりました!ゲッサンありがとう!これで休める!」と締めくくっているのですが……。

「編集部注:作者はまだ来月の新連載がすぐ始まるのを知りません」

という一文が追加されているではありませんか!!休みをくれと思わず嘆くカメントツさん。

大丈夫ですか??とカメントツさんに聞いてみましたら「普段から編集長をイジったり担当編集にカンチョーしたりしているので「何かくるな」という予感はあったのですが、まさかこういうサプライズとは予想していませんでした。最初は「やられたーチクショー!」という気持ちが強かったですが、今は新連載に向けてとてもワクワクしています。」というなんともポジティブなお返事が。って、普段からそんな事していたんですかーい!!それは仕方ないですわ……。

それにしても楽しい編集部である事には間違いなさそうです。早速次号へ向けての打ち合わせと取材もされているそうですが、果たして次からはどうなる事やら……期待しかありません!!

<記事化協力>
カメントツさん(@Computerozi)

(梓川みいな)