14日、歌ウマ天才少女として世界を驚かせたセリーヌ・タムさんだが、挑戦中の米オーディション番組「America’s Got Talent」で惜しくも決勝に進むチャンスを逃した。写真はセリーヌ・タムさん。

写真拡大

2017年9月14日、歌ウマ天才少女として世界を驚かせたセリーヌ・タムさんだが、挑戦中の米オーディション番組「America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」で惜しくも決勝に進むチャンスを逃した。香港アップルデイリーが伝えた。

【その他の写真】

米国の人気オーディション番組「America’s Got Talent」のシーズン12が現在放送されているが、ここにすい星のごとく現れたのが、香港出身の両親を持つ9歳の少女セリーヌ・タムさん。今年6月、映画「タイタニック」の主題歌「My Heart Will Go On」を歌い、幼い少女とは思えない抜群の歌唱力が、世界中で大反響を呼んだ。

もう1人の天才少女、同じ9歳のアンジェリカ・ヘイルさんとの戦いも話題になったが、14日(現地時間)に発表された準決勝合格者にセリーヌ・タムさんの名前はなく、惜しくも決勝進出を逃したことが分かった。なお、アンジェリカ・ヘイルさんは決勝に進む10人のうちの1人に選ばれている。

父親が音楽教師のセリーヌ・タムさんは、3歳から歌のレッスンを本格的にスタート。2015年10月に香港で行われた国慶節を祝うセレモニーでは、梁振英(リャン・ジェンイン)行政長官らの前で堂々とパフォーマンスを披露して話題に。昨年5月には大手レコード会社のGMEチャイナと所属契約を交わしている。(翻訳・編集/Mathilda)