2018年に開催されるロシアW杯【写真:Getty Images】

写真拡大

 国際サッカー連盟(FIFA)が14日、2018年に開催されるロシアW杯のグループステージ抽選会の概要を発表した。抽選会は12月1日にモスクワで行われる予定となっている。

 現時点でW杯本大会への出場が決まっている国は、日本、韓国、イラン、サウジアラビア、ロシア、ベルギー、ブラジル、メキシコの8ヶ国。今後の試合結果によって最終的に32ヶ国が決まる。

 これらのチームをポット1からポット4に割り振り、その後にグループAからグループHに振り分けるが、ポットの割り振り基準として2017年10月のFIFAランキングを参考にするようだ。開催国のロシアを加えた上位7チームがポット1に入る。欧州に関しては同じ組に最大2ヶ国入り、欧州以外の地域は同じ組に同じ地域のチームが入らない形となる。

text by 編集部